芸能

映画主演のラウール 心臓のドキドキをマイクに拾われ「恥ずかしい!」

人気急上昇中の関西ジャニーズJr.内のグループ「Lil かんさい」にインタビュー

映画に単独初主演を果たしたラウールが語った

 青春ラブストーリーの映画『ハニーレモンソーダ』(公開中、松竹)で、単独初主演を果たしたSnow Manのラウール。レモン色の髪がトレードマークの高校生・三浦界を演じ、「いまの自分を切り取ってもらえてうれしかった」と笑顔を見せる。

 6月に18才になったばかりの彼には、少年の無邪気さと大人びた色香が漂う。オールドアメリカンハウスの撮影で見せたのは、まさに“子供と大人の狭間”にあるきらめき。現役高校生らしい等身大の恋愛観についても、素直な思いを明かしてくれた。

 * * *
 自分が出ているという恥ずかしさもあって、初めて完成作を見たときには、紙一枚分くらいの細目にして見る感じでした(笑い)。でも、ぼく自身、作品を見てときめきを感じられたことがうれしかったな。作品を通して青春を味わった気分です。

 メンバーの(向井)康二くんは完成作を見て泣いてくれたらしいんですけど、界がノートに書いた「失踪」という漢字が読めなかったみたいで(笑い)。「あれは“しっそう”って読むんだよ」って教えてあげました(笑い)。

 演じながら感情がいちばん動いたのは、羽花ちゃん(吉川愛)とのお祭りのシーン。ほかのどのシーンよりもドキドキしました。こういう女の子がいたらぐっとくるな……と思ったらドキドキしてきて……。

 その鼓動をマイクが拾ってしまって、音声スタッフの人から「ドキドキしてるね」って言われちゃったんです。ぼくも男なんで、恥ずかしいじゃないですか!? 「いや、してないです!」って言ったら、「聞こえてるから(笑い)」って。マイクが高性能でビックリしました!

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト