ライフ

学習図鑑売れ行きNo1は「恐竜」 最新版はCGイラストで進化の様子紹介

『小学館の学習百科図鑑 恐竜の図鑑』(1990年刊)

『小学館の学習百科図鑑 恐竜の図鑑』(1990年刊)

 学習図鑑に歴史あり。1956年から刊行が始まった「小学館の学習図鑑シリーズ」も、昔と今で見せ方が大きく変わっている。

 たとえば1958年発行の『動物の図鑑』のパノラマ画は、この時代の図鑑でみられる代表的な表現方法。様々な種類の動物がこのような密度で同じ場所に勢揃いすることは現実ではあり得ないが、動物の行動や生活の様子がわかりやすく描かれ、読み手をワクワクさせる。

 図鑑の編集に携わり、その歴史にも詳しい小学館の北川吉隆図鑑室長はこう語る。

「巻末のページにパノラマ画の動物の解説をまとめている点もこの時代の図鑑の特徴。“楽しみながら知る”という学習図鑑の思想が息づいています」

 現在では各社の学習図鑑で売れ行きNo.1の『恐竜』だが、その歴史は意外と浅い。小学館では1990年、「小学館の学習百科図鑑シリーズ」の最終巻50巻で初登場。くしくも学習研究社からも同年に発行された。

「小学館の学習百科図鑑シリーズ」に載る恐竜が176種類だったのに対し、最新の「小学館の図鑑NEOシリーズ」では約400種類に大量増加。CGのイラストを使い、進化の様子がわかるように系統だって紹介されている。

 1970年に刊行が始まった「なぜなに学習図鑑シリーズ」は学年誌の編集手法を取り入れた特異な図鑑だった。『からだのふしぎ』では「人間より、いるかのほうが頭がよいのですか」という質問に対し、1970年代のオカルトブームも影響してか、イルカが銃で人間を襲う過激なイラストを添えて回答。宇宙人や超能力も登場した。空想科学イラストで有名な小松崎茂が描き下ろすなど、斬新で豪華な内容から“伝説の図鑑”と位置づける人も多い。

 学習図鑑に夢中になるのは子供だけではない。「小学館の図鑑NEO+ぷらすシリーズ」として2009(平成21)年に発行された『くらべる図鑑』は、身近なものから宇宙まであらゆるものを比較するコンセプトがうけ、“大人もはまる革命的な図鑑”として話題に。2020(令和2)年発行の同シリーズ『分解する図鑑』はテレビや自動販売機など身近な機械や道具の仕組みを「分解」という手法で解説。大人の知的好奇心も刺激し、ヒット中だ。

 これら図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出合い、その息吹を感じる──図鑑に入りこむようなデジタル体験型施設「ZUKAN MUSEUM GINZA」が東急プラザ銀座6階にオープンした。銀座の真ん中で大人も子供も夏休みを満喫してほしい。

●ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO
【住所】東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座6階
【開館】11時~20時
【休館】東急プラザ銀座に準じる
【入場料】大人2500円、中学・高校生1700円、小学生1200円、未就学児(3歳以上)900円

※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン