ライフ

大阪・京橋の下町商店街で角打ち 毎日のんびり4時から飲み

 大阪・京橋駅の北側、庶民的な店が並ぶ新京橋商店街、ローマの石像を模した“真実の口”から3分ほど歩くと『オカノ酒店』はある。

 重厚な煉瓦造りの酒屋と壁を隔てた入り口に、「立呑み処」と書かれた暖簾が揺れ、その奥で2代目女将の池田幸子さん(75歳)が長男の妻、由希さん(50歳)と店に立つ。

「女将とお嫁さん、女ふたりで仲良うやってはるアットホームな店や。わしら開店と同時に来る4時から組。リタイア世代が多いからのんびり飲めて最高やね。居心地がいいから友達を連れてくると皆気に入る自慢の店」(60代、不動産業)

下町商店街の角打ちでのんびり寛ぐ“4時から組”

下町商店街の角打ちでのんびり寛ぐ“4時から組”

「毎日3時50分に家を出て、4時に着いたらまず暖簾出すのが俺の仕事やねん。なんやわからんけどいつのまにかやってん。女将がたまねぎないっていうたら商店街に買い出しも行くしなあ。

 わしも寂しいひとりもんやから、なんかあったときの連絡先を店に預けとる。毎日来とった客が急に来なくなったとき、様子見に行ってくれたこともある。地元客をいつも気にかけてくれはる、自慢の美人女将や」(60代)。

 4時から組の面々が嬉しそうに酒を傾ける角打ち台には、「嫁入り前に調理専門学校で腕を磨いたのよ」と女将が胸をはる大皿料理が並ぶ。

 じっくり炊いたいわしの煮付け、色鮮やかなグリーンピースの卵とじと、愛情も栄養もたっぷりだ。

常連の好みを熟知した女将の日替わり料理に惚れて通う常連客も多い

常連の好みを熟知した女将の日替わり料理に惚れて通う常連客も多い

「今日の日替わりなんやろなって毎日楽しみやねん。ひとり暮らしやから野菜不足にならんようにな、ここで野菜炒めオーダーしたり、魚があるっていうたら煮魚してもらったりな。女将は客の好みを全部把握してはる、頭のいい人や」(元高校球児の60代)

「みんな知ってる顔ばかり。おじさん仲間が集まる憩いの場やね。女将の魅力? そりゃあ酒が強いってことやろ」(60代)

「美人っていうといてやぁ」と、てきぱきと料理を仕込みながら女将は陽気に笑う。

関連記事

トピックス