• TOP
  • スポーツ
  • ミュンヘン五輪水泳金の青木さん、引退後は教員に 活躍知らない教え子も

スポーツ

2021.08.02 07:00  週刊ポスト

ミュンヘン五輪水泳金の青木さん、引退後は教員に 活躍知らない教え子も

100mバタフライで金メダルを獲得した青木まゆみさん(写真/UPI=共同)

100mバタフライで金メダルを獲得した青木まゆみさん(写真/UPI=共同)

 1年の延期を経て開催にこぎつけた東京五輪。続々とメダリストが誕生して沸いているが、過去の五輪で活躍した日本選手の中には、表舞台から消えたままの「英雄」もいる。記憶に刻まれたあのメダリストは今──。(文中敬称略)

「引退後、第二のメダリストを育成する気は全くなかったですね」。こう話すのは、1972年のミュンヘン五輪で女子水泳のヒロインとなった青木まゆみ(100mバタフライ)。競泳女子に前畑秀子(1936年ベルリン)以来の金メダルをもたらし、ショートヘアでがっちりした体型から「金太郎」の愛称で親しまれた。

 1973年に引退すると教員免許を取得し、兵庫県内の高校で保健体育の教員となった。

「早々に引退したのは、『花が咲いているうちに』との思いからで、水泳に未練は全くありませんでした。五輪後、生活が大きく変わったわけでもなく、『メダルを取ったから何なん?』という感じでした。猛練習を続ける気もなく、迷わず幼い頃から憧れていた教員の道を選びました」

 その後はマスコミの取材を避け、体育教師としての人生をまっとうした。水泳部も指導したが、彼女が金メダリストと知らない生徒もいたという。

「レースに勝つことよりも挨拶や感謝をすることを指導しました。60歳の定年後は再雇用で教師として働きましたが、2019年に退職して今はのんびりしています。今回の東京五輪も特に見たい競技はないですね」

 と、あくまでマイペース。“金メダル”に縛られない生き方を選んだ。

※週刊ポスト2021年8月13日号

水泳部も指導したが、金メダリストと知らない生徒もいたという(写真/本人提供)

水泳部も指導したが、金メダリストと知らない生徒もいたという(写真/本人提供)

関連記事

トピックス