• TOP
  • 国際情報
  • 中国選手、五輪表彰式で毛沢東バッジ問題 「IOC恐れるな」の声も

国際情報

2021.08.07 07:00  NEWSポストセブン

中国選手、五輪表彰式で毛沢東バッジ問題 「IOC恐れるな」の声も

表彰式に毛沢東のバッジを着けていたことで波紋

表彰式で毛沢東のバッジを着けていたことが波紋

 東京五輪の自転車競技女子スプリント団体で金メダルを獲得した中国チームの選手2人が、表彰台で中国「建国の父」毛沢東のバッジを胸に着けていたことが波紋を呼んでいる。「政治的中立」をうたった五輪憲章に反する可能性があり、国際オリンピック委員会(IOC)が調査に乗り出したためだ。

 中国の国営中央テレビ局(CCTV)はこれを受けて、表彰式の再放送で、両選手の毛沢東バッジ部分をぼかすなどの映像処理をしていたことが分かり、中国ではネット上で「CCTVは何を恐れているのか?」「毛沢東主席がいなければ、新しい中国は存在しない。何も隠すことはない」などとの批判が巻き起こっている。

 問題視されているのは8月2日に、金メダルを獲得した鮑珊菊(23)、鍾天使(30)の両選手が毛沢東の横顔をかたどったバッジを胸に着けて、表彰台でメダルを受け取ったことだ。

 中国では表彰式の模様がテレビで生放送されると、両選手が胸の毛沢東バッジについて、「さすがに、中国人の誇りだ。毛沢東主席も君たちを激励しているよ」などとの書き込みが出るなど、喝采を浴びた。

 しかし、IOCのマーク・アダムス広報部長は翌3日の記者会見で、両選手の毛沢東バッジ装着が政治的中立を定めている五輪憲章に違反している可能性があるとして、「中国オリンピック委員会に対し、両選手の行為について報告するよう求めた」ことを明らかにした。

 その後、CCTVの映像修正のほか、中国でユーザー数が多い「新浪微博(ブログ)」や中国政府の公式サイト「観察者」も両選手が毛沢東バッジをつけていたとの記述やユーザーの書き込みを削除した。

 これについて、ネット上では「IOCを恐れる必要はない。いやならば、戦って来い」などとの批判の書き込みが出ている。

 また、バドミントン女子シングルスで金メダルを獲得した陳雨菲選手は、自身の微博のアバターを、毛沢東の故郷の湖南省紹山の毛沢東広場にある毛主席の銅像前の選手の記念撮影の写真に換えるなど、暗にIOCの調査に抗議する姿勢を示している。

 IOC憲章の第50条では「政治的、宗教的、人種的」宣伝活動を禁止している。IOCは東京五輪に先立ち、競技開始直前であれば人種差別への抗議を意味する「膝つき」のパフォーマンスなどを容認する指針を発表したが、表彰式などの公式行事の場でのパフォーマンスは認めていない。

関連記事

トピックス