芸能

ドラマで都知事役熱演の石田ゆり子「小説家転身」へのラブコールも

石田ゆり子が登場

東京都知事役を演じている石田ゆり子

 8月15日に放送された第7話の平均世帯視聴率は15.0%を記録し、7月期の民放連続ドラマ1位に躍り出た『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)。同ドラマは、救命処置を施す救急救命チーム(MER)が、最新医療機器とオペ室を搭載した大型車両で重大事故や災害現場といった緊急事態に駆けつけ、危険な状況のなかでオペを行ない人の命を救っていく物語。このMERを“肝煎り政策”として創設した東京都知事役を演じるのが女優・石田ゆり子(51)だ。
 
「石田さんはドラマ内でMER創設について、国会議員らから“国政進出のための政治的パフォーマンス”などと揶揄される場面もありますが、主役の鈴木亮平さん(38)演じるスゴ腕救急救命医が率いるMERの面々に全幅の信頼を置いており、何かあれば『私が責任を取ります』ときっぱり断言する。視聴者からは、その潔い姿勢に『本当に都知事になってほしい』という声が上がっているほどです」(テレビ局関係者)
 
 そんな女優としての活動が絶好調の石田だが、実は“小説家転身”を望む声もある。
 
 石田は今年6月15日に発売された海外原作の絵本『海のむこうで』(トンカチ刊)の翻訳を担当。同作は、1968年に伝説の絵本作家・M.B.ゴフスタインによって発表された傑作とされながら日本では未刊行となっていた。今年、初の日本語版が刊行されることになり、翻訳に石田が選ばれたのだ。出版社側はHPで〈日本語版の翻訳は絶対、石田ゆり子さん!と最初から思っていたら、その想いがミラクルで通じました〉と綴っている。

関連キーワード

関連記事

トピックス