ライフ

【書評】『土偶を読む』人文知と情報論的知の対話の可能性を持つ貴重な試み

『土偶を読む 130年間解かれなかった縄文神話の謎』著・竹倉史人

『土偶を読む 130年間解かれなかった縄文神話の謎』著・竹倉史人

【書評】『土偶を読む 130年間解かれなかった縄文神話の謎』/竹倉史人・著/晶文社/1870円
【評者】大塚英志(まんが原作者)

 考古学や縄文研究の非アカデミシャンによって書かれた本書の憤る、アカデミズムのいやらしいほどの排他性を著者以上に身を以て日々経験している身としては、その正当性に限れば誰より深く同意する。しかし本書を実際に読んでみるとそこにあるのは在野VSアカデミズムだけでなく、人文知と情報論的知の乖離という、もう一つの問題ではないか、とも感じた。

 本書へのアカデミズムの側の批判として説得力を持つのは土偶のモチーフの変遷、つまりその様式がいかなるプロセスで成立してきたかという考古学の蓄積が無視されている点だ。

 デザイン的に「シンプルな造形」を任意に「原型」を設定することは、AIの研究者などがローデータを入力するための枝葉を落とし整理する手続きにそれこそ「似て」いる。カタチをデジタル的直感でとらえる著者の知や論理性の精緻さはどこまで意図されたものかわからないが、近頃のぼくが情報系の人々と意図的に対話することで日々感じとろうとしている「違和」に近い。

 わざわざそんなことをするのは、この二つの「知」というか、言葉や思考がもう少し対話可能でないとちょっとまずいよね、というのが個人的な危機感で、その意味では本書はその貴重な試みとして貴重なのだが、元は神話の人類学的研究から始め、今どき(皮肉ではなく)柳田國男やフレイザーや坪井正五郎といった始まりの人文科学に言及もできる若者の研究はもっと深い人文知と情報知の対話の可能性を持つはずだ。

 自然のフォルムと美しく相似しない部分(例えばカモメライン土偶と著者が呼ぶ様式の左右非対称の目など柳田の供犠論を連想もする)が剥離され、それ故、見た目の整合性とは別に抜け落ちた意味はないのか。

 こういった変遷や形の枝葉への潔さは、縄文の人と今の私たちの感じ方が「同じ」だとする考えに一挙に飛躍し(そこに感動を覚える評者も事実いる)、それは一つ間違うと思考の万世一系とでもいうべき危うい日本人論に利用されかねず、そこに幾ばくかの危惧がある。

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン