ビジネス

YouTube儲けのからくり 再生報酬だけじゃない多様な収入源

YouTube

YouTubeでどのような収益が生み出されるのか

 小学生の「将来つきたい職業」の1位にランクインし、今もっとも注目される職業のひとつとされるYouTuber。その人気者たちは、どのような仕組みで収益を上げているのか。

 YouTuberのYouTubeでの収益は、「運営するグーグルから再生数に応じて支払われる報酬」を基本とし、そのほかにも「視聴者の課金」「企業とのタイアップ」などがある。

 再生報酬は一般的には1再生あたり約0.1円といわれている。配信動画に広告がつき、それが視聴されることで報酬を得られる仕組みだ。そうした動画それぞれが何十万、何百万回と再生されることで巨額の収入となる。多くの視聴者やファンを得られれば、タイアップや“投げ銭”などの直接収入も生まれる。

 動画につく広告は種類によって金額が変動する。高額の購買行動が期待できるシニア向け広告の場合、1再生0.5~1円、逆に若者向け広告では0.1円を下回る場合もあるという。

 広告主企業はYouTube市場をどう捉えているのか、経済ジャーナリストの寺尾淳氏が解説する。

「例えばテレビではクラシック音楽を扱う番組は少ないが、YouTube上には無数にある。コンサートの企画者などはそれらに広告を出せば、ターゲットに効率よくアプローチできる。費用対効果は高いです。今後5Gの普及と、政府が進める携帯電話料金の値下げがもっと進めば、より動画の需要が高まり市場も拡大するでしょう」

 国内におけるYouTube広告の市場規模は、2015年の33億円から2022年には579億円になるという試算がある。グーグルは昨年末、国内の18~64歳の月間ユーザー数が6500万人以上と発表した。YouTubeは、まだまだ成長の期待値が高く、YouTuberにとっても魅力的な“稼ぎ場”なのだ。

※週刊ポスト2021年9月10日号

YouTuber業界をけん引してきたHikakin

YouTuber業界をけん引してきたHIKAKIN

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン