芸能

芸歴10年でブレイクのピン芸人ヒコロヒー、時代と合致した笑いの魅力

テレビ、ラジオでの活躍のほか、初の著書にも注目が集まる(松竹芸能ホームページより)

テレビ、ラジオでの活躍のほか、初の著書にも注目が集まる(松竹芸能ホームページより)

ピン芸人・ヒコロヒーが話題だ。2011年にデビューし、芸歴は今年で10周年。お笑いコンテスト『女芸人No.1決定戦 THE W』では2017年から4年連続で準決勝に進出、これまでもたびたびテレビ番組に出演していたが、2021年以降、急速に世間の注目を浴びるようになった。

 メディアの調査・分析を行うニホンモニターによる「2021上半期ブレイクタレント」にも名前を連ねた。昨年上半期のテレビ出演が2本だったのに対し、今年上半期では88本と爆発的に増加しているのだ。

 今年4月からは冠バラエティ番組『キョコロヒー』(テレビ朝日系)もスタート。アイドルグループ・日向坂46の齊藤京子とともにMCを務めている。また8月には初の著書となるエッセイ集『きれはし』も刊行しており、テレビタレントの枠にとどまらない独特のワードセンスにも注目が集まっている。

 なぜ彼女は急激に人気を集めるようになったのだろうか。その理由について、以前ヒコロヒーの芸に触れて「従来の“女性芸人”のメディアでの扱われ方を問い直しつつ、あくまでそれを“笑い”につなげる」と評したテレビウォッチャーでコラムニストの飲用てれび氏はこのように語る。

「ヒコロヒーに注目が集まったきっかけのひとつと思われるのは、2019年と2020年の『M-1グランプリ』で見せた漫才です。彼女はそこで先輩芸人のみなみかわとユニットを組み、ジェンダー問題を扱った漫才を披露していました。男女の立場を入れ替え、セクハラなどをめぐる女性と男性の経験の差を浮き彫りにしたそのネタは新しく、何より面白いものでした」

関連記事

トピックス