ライフ

直木賞作家・佐藤究氏 YouTubeでは「面白い人間を見つけたい」

直木賞作家・佐藤究氏(写真/共同通信社)

直木賞作家・佐藤究氏(写真/共同通信社)

 YouTubeにハマっているのは若い世代ばかりではない。『テスカトリポカ』で第165回直木賞を受賞した作家・佐藤究さん(44)が語る。

「YouTubeが面白いんじゃなくて、人間が面白いんですよね。つまり、面白い動画があるからそのチャンネルを観るというよりは、面白い人間を見つけたいからYouTubeを観ているって感じかな」

 そう話す佐藤さんはYouTubeの特徴は「テレビでは絵にならないからと切り捨てられる部分もあえて全部見せる」ことだという。

「僕が一番よく観ているチャンネルは『スイーツ真壁チャンネル』です。現役プロレスラーの真壁(刀義)選手が、アントニオ猪木さんの秘話や大きな怪我をしたときに蝶野(正洋)さんに励まされた思い出などを語るチャンネルで、それだけでも昔からのプロレス好きにはたまらないんですが、スイーツを食べる回も挟んでくるんです。

 ただ食べるだけじゃなくて、クッキングトイで自分で作ったりする。首からチェーンをぶら下げた100キロ超えのおっさんが、『わ! これうまい!』って驚きながら手作りお菓子を食う姿を、僕みたいなプロレスのオールドファン連中はたぶん死んだ目をして観ているわけですよ(笑)。コンビニスイーツを食べる回だと、エクレアとかを2口くらいで平らげて、合計2000キロカロリーくらい食べてますよね、ほぼ無言で。テレビなら放送事故ですよ、もう(笑)。でもそこに真壁選手の人としての面白さがある。大先輩の長州力の物真似もよくやるので要チェックです」

『スイーツ真壁チャンネル』

『スイーツ真壁チャンネル』(YouTubeより)

『スイーツ真壁チャンネル』(YouTubeより)

開設年月/2020年2月 登録者数/8万8600人 公開動画本数/75本
 現役プロレスラーの真壁刀義が真面目に新日本プロレスの話をしたり、さらに極めて真面目にメイクやスイーツ作りに挑戦するチャンネル。

『ネック』

『ネック』(YouTubeより)

『ネック』(YouTubeより)

「以前はボディビルダーたちのチャンネルを観ていたけれど、彼らは大会直後にバカ食い動画を上げるので、一緒にバカ食いしちゃって……今はネックさんの発信する最新のボディビル情報とか大会レポートを観ています」(佐藤氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス