• TOP
  • 国内
  • 自民党機関誌が掲載 元グラドル公認候補・森下千里氏の「すっぴん」

国内

2021.09.02 07:00  週刊ポスト

自民党機関誌が掲載 元グラドル公認候補・森下千里氏の「すっぴん」

特集では森下千里氏の様々な写真が掲載(『りぶる』9月号より)

特集では森下千里氏の様々な写真が掲載(『りぶる』9月号より)

 美女の秘蔵写真を載せる雑誌は数あれど、このタイトルには永田町の住人もザワめいた。〈衆議院議員総選挙 女性候補予定者の素顔 すっぴん!〉。表紙にそう大きく打ったのは自民党の機関誌『りぶる』9月号だ。

 巻頭の「すっぴん!」特集は、野田聖子・幹事長代行、上川陽子・法相、稲田朋美・元防衛相といった自民党の女性代議士が登場している。

 そこに肩を並べているのが、元グラビアアイドルの森下千里氏(39)だ。

「今年3月に自民党宮城5区支部が次期衆院の公認候補として内定し、森下氏は宮城県第5選挙区支部長に就任しています。森下氏は名古屋出身ですが、2011年の東日本大震災で被災地を訪問したことが政治家を志すきっかけだと語り、今年4月から石巻に移住しています」(政治ジャーナリスト)

「すっぴん!」特集を開くと、野田氏や上川氏、稲田氏などがバッチリメイクで収まった写真がふんだんに掲載されている。政治活動やオフタイムの「素顔」を紹介するという主旨の記事だったようだ。

 が、その中で唯一サービスショットを披露しているのが森下氏だ。

〈私のリラックス法〉のコーナーで、市内のお風呂屋さんに〈スケジュールの隙間をぬってちょくちょく来ています〉と、入浴施設で撮ったらしい髪にタオルを巻いた本当のすっぴん(に見える)写真を披露しているのだ。

 他の写真も、グラドル時代を彷彿とさせるポージングや、愛猫と頬を寄せ合うドアップなど、ビジュアルで魅せる力は先輩たちと比べても群を抜いている。

 SNSでも写真付きで〈辻立ちも700回達成〉などと積極的に発信している森下だが、持ち前のビジュアルを活かして国政転身なるか。

※週刊ポスト2021年9月10日号

関連記事

トピックス