芸能

世界名作シリーズの人気作『赤毛のアン』 後のスタジオジブリ陣が制作

中高年世代などの記憶にも残る日本が誇る長編アニメシリーズとは

中高年世代などの記憶にも残る日本が誇る長編アニメシリーズとは

“世界名作シリーズ”をご存知だろうか。かつて毎週日曜日夜7時30分から放送されたテレビアニメシリーズで、『アルプスの少女ハイジ』や『フランダースの犬』など、今も愛される数多くの名作が生まれた。女性セブンでは読者1464人に、好きな世界名作シリーズの作品についてアンケートを実施。その結果は、第1位『アルプスの少女ハイジ』(1974年)、第2位『小公女セーラ』(1985年)、第3位『フランダースの犬』(1975年)、第4位『あらいぐまラスカル』(1977年)、第5位『母をたずねて三千里』(1976年)だった。

 今回は、第6位から第10位について、作品の詳細を含めて紹介する。

(※ “世界名作シリーズ”をどの作品から数えるのかは諸説あるが、今回はシリーズの流れを決定づけた『アルプスの少女ハイジ』からとする)

第6位『赤毛のアン』(1979年)

【原作】
『赤毛のアン』(ルーシー・モード・モンゴメリ)

【あらすじ】
カナダのプリンスエドワード島のグリーン・ゲイブルズに暮らす、年老いたカスバート兄妹のもとに、手違いで空想好きの孤児・アンが引き取られる。アンは2人の愛情に包まれながら、やがて聡明な女性に成長していく(全50話)。

【人気の秘密はココにあり】

 後にスタジオジブリを作る故・高畑勲さんが演出と脚本を、場面設定には宮崎駿さん、キャラクターデザインには、映画『耳をすませば』などの監督、故・近藤喜文さんが携わったという豪華な制作陣も魅力の作品。

【読者の声】

「風景はまるで名画を見ているようでした」(53才・主婦)
「村岡花子さん訳の原作を忠実に再現していて感動」(56才・介護職)

第7位『家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ』(1981年)

【原作】
『スイスのロビンソン』(ヨハン・ダビット・ウィース)

【あらすじ】
スイス・ベルンで開業医をしているロビンソンは、家族と共に医師不足に悩むオーストラリアへの移住に向けて船を出す。しかし、嵐に巻き込まれ、無人島に辿り着いてしまう。過酷な環境下で家族は一丸となって、生き抜いていく(全50話)。

【人気の秘密はココにあり】

 木の上にテントを張ったり、井戸や船を手作りしたり……。工夫や想像力でどんな困難も解決していく一家の姿に、サバイバルへの憧れを募らせた人も。10才の少女フローネの明るさも魅力!

【読者の声】

「手作りする生活用品のレベルの高さに驚いた。お料理もおいしそうでした」(53才・医療関係)
「医師の父が博識で惚れました!」(52才・パート)

第8位『ロミオの青い空』(1995年)

【原作】
『黒い兄弟』(リザ・テツナー)

【あらすじ】
19世紀後半、スイスの小さな村で育った11才の少年ロミオは、けがをした父親の治療費を稼ぐため、“死神”と呼ばれる人買いと契約を交わす。同じく人買いに売られた少年アルフレドと親友になり、ミラノで煙突掃除夫として働くが……。友情を描いた感動作(全33話)。

【読者の声】
「アルフレドがイケメンで、クラスにファンクラブがありました」(36才・会社員)
「少年たちの、家族や仲間を思う姿に心を打たれ、原作も読みました」(43才・パート)

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン