コロナ感染によって5人が入院した一家

コロナ感染によって5人が入院した一家

 家族に災難が続いたことで、山口は再びスピリチュアルな世界を頼ったのだろうか。だが、気になるのは、冒頭のタイタンにかかってきた“警告の電話”である。Aさんの元教え子が語気を強める。

「Aさんが運営する学校で行われている『霊力覚醒プログラム』の授業料は、年間で150万円。でもその実態は『宿題』という名のメールが来るばかりで、レッスンらしいことはしてもらえない。そのため、授業料の返金を求める生徒が何人も出てきたのですが、資金不足を理由に返金してもらえず、金銭トラブルが起きているんです。

 いまでは、彼の霊能力者としてのパワーにも疑問を感じる生徒が増えています。勾玉などの高額アイテムの販売も『霊感商法』だと指摘され始め、何人かの生徒が集まり、『被害者の会』が立ち上がったとも聞きました。

 そんな中、山口さんのAさんへの心酔ぶりが噂になったのです。止められるのは夫の田中さんしかいないと考えた被害者の1人が、電話をかけたと思われます」

 Aさんに話を聞くため、彼の自宅を訪れた。インターホン越しに対応したAさんは、山口とは「会ったことがありません」と答え、さらに、学校の存在さえも「私は(学校を)やっていません」と語るのだった。前出の山口の知人が呆れるように言う。

「2人は確実に連絡を取り合っていたのに、Aさんがそんな嘘をつくなんて不可解です。もっとも警告の効果があったのか、もえさんはAさんとは、もう会っていないそうです。いま彼女はAさんに頼ったことを反省して、“私はスピリチュアルの世界にまったく興味がない”“勾玉も買っていない”と言っています。目が覚めたのならいいのですが」

 人の弱みに付け入る悪徳霊能力者は、野放しにできない。

※女性セブン2021年9月23日号

関連記事

トピックス

(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
紅白「若者シフト」の狙いとは(写真/共同通信社)
紅白の“シニア視聴者切り捨て” NHKの若者偏重は番組の公平性の点からも疑問
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン