国内

塩野義ワクチン、年末までに3000万人以上の生産体制 現場の医師の評価は?

国産ワクチンを現場の医師はどう受け止める?(イメージ)

国産ワクチンを現場の医師はどう受け止める?(イメージ)

 海外に後れをとっている日本のワクチン開発。文部科学省は国産ワクチン開発の拠点となる大学を整備し、今後10年間、研究費を支援する新事業を始めるという。

 一方、厚労省のワクチン生産体制等緊急整備事業に採択されているのは、塩野義製薬(大阪市)、アンジェス(大阪府茨木市)、第一三共(東京)、VLPセラピューティクス・ジャパン(東京)、KMバイオロジクス(熊本市)の5社。うち、塩野義製薬はウイルスの遺伝情報から抗原タンパク質を作る「組み換えタンパクワクチン」を開発中。同社は3相ある治験のうち、第1/2相試験に入った。

「現在、全被験者60例への初回投与を完了し、安全上の懸念は確認されておりません(8月24日時点)。この試験結果を基に1人あたりの投与量を決定します。その後、約3000例の日本人を対象とする次相試験に速やかに移行し、安全性・有効性の評価を行なう予定です」(塩野義製薬広報部)

 最終段階の試験は年内にも開始、ワクチン提供は年度内開始を目指すという。同社は「年末までに3000万人分以上の生産体制を整備」「試験の結果次第では、より多くの生産設備の増強を進める」(同前)と自信を覗かせる。

 ただ、現場の医師の受け止めは様々だ。ナビタスクリニック理事長の久住英二医師はこう言う。

「モデルナは3万人、ファイザーは4万人で治験を行ないました。だが、その規模の治験が日本で行なわれたことはありません。日本の臨床試験や薬事承認の仕組みでは、“抗体価が上がっても重症化は防げない”といった事態も起こり得る。私個人は国産ワクチンへの期待は小さい」

 海外製に頼る現状を憂い、国産ワクチンを待望する声が一部にはあるが、変異株の動向が読めないなか、過度な期待は禁物のようだ。

※週刊ポスト2021年10月1日号

ワクチン接種には不明な点もまだある(時事通信フォト)

ワクチン接種には不明な点もまだある(時事通信フォト)

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン