国内

自粛解除後の海外旅行、ヨーロッパが現実的 年末年始のハワイも人気に?

(写真/GettyImages)

イタリアではマスクなしで生活できる(写真はベニス、Ph/GettyImages)

 長かった自粛生活ともようやくオサラバできそうだ。9月30日で新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が解除された。自由な生活が待っているだけでなく、さらにワクチン接種証明書や陰性証明書を持っていれば、お得になることも多い。そして、海外旅行にも行きやすくなる。

 外務省のホームページによると、ワクチンの接種証明書(ワクチンパスポート)があれば、9月24日時点で世界37の国・地域に行くことができる。

 なかにはイタリアやフランスなどワクチンパスポートがあれば隔離が免除され、現地に着いたらすぐ自由に動ける国もある。別掲の表に、いますぐ隔離なしで行ける25の国・地域のリストを掲載したので参考にしてほしい。

 海外渡航用のワクチンパスポートを入手するには、各自治体が用意する「申請書」に必要事項を記入し、接種会場で貼ったシールなどの「接種済証」やパスポートを、自治体窓口まで郵送または持参すればいい。自治体によって異なるが、早ければ当日、遅くとも数週間で入手できる。

 その上での海外旅行となるが、現時点ではヨーロッパ方面が現実的な選択肢だ。トラベルライターのSHIORIさんは、こう話す。

「バンコク、シンガポール、プーケットなどの海外旅行の検索も増えていますが、アジア圏は押しなべて入国規制が厳しい。一方でヨーロッパはワクチンパスポートがあれば入国できて隔離のない国も多いです」

 オーストラリアのノーザンテリトリー州や、セブ島のあるフィリピンなどでは、ワクチンを接種した旅行者の宿泊費などを割引する制度が始まった。日本のワクチンパスポートはまだ対象外だが、今後はその優待を受けられるようになるかもしれない。

 年末年始といえばハワイ、という人も多いはず。

 アメリカはこれまで外国人に厳しい渡航制限を課しており、日本のワクチンパスポートが認められているのはグアムだけだった。

 しかし11月からは、ワクチン接種の完了や渡航前3日以内の新型コロナウイルス検査での陰性といった条件をクリアすれば外国人も入国できるようになり、入国時の隔離も不要となる見通しだ。

「コロナ禍以前は、年末のハワイ行きチケットを入手するのは至難の業でしたが、今年はまだ海外を敬遠する人も多く、年末のギリギリでもハワイのチケットが取れるかもしれません。個人手配も可能ですが、コロナが再拡大したときのキャンセルの手続きなどを考えると、代理店でのツアーやパッケージ旅行の方が安心です」(SHIORIさん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
マネーポストWEB
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン