ライフ

スムージー、グルテンフリーなど 医学的には「気休め」と指摘される健康法

(写真/Getty Images)

美容に良いとされる水素水だが…(写真/Getty Images)

 世の中には色々な健康法があるが、一般的に“健康にいいとされる”食べ物や飲み物の中にも注意が必要なものは多い。新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦さんが疑問視するのは市販品のほか、スポーツクラブなどにサーバーが置かれている水素水だ。

「体の老化を促進する活性酸素を消してくれる水素水は、理論上では効果がある。しかし水素は空気に触れると消滅する特徴があり、水をボトルに入れるうちに抜けてしまいます。

 そもそも、『水を大量に飲むと美容や健康にいい』という風潮そのものが間違い。よく診察時に『毎日健康のために2リットルの水を飲むようにしている』という人がいますが、そういう人に限って体に不調を抱えている人が少なくない。必要以上に水を飲むと血液が薄まり、体外に排出するために大量の尿を作るので腎臓に大きな負担がかかる。体力が奪われる原因になります」(岡田さん)

 水素水と並んで一時期大ブームになったココナッツオイルやスムージーも医学的な視点から見ると“気休め”に過ぎない。

「ココナッツオイルは植物油なのに、『パルミチン酸』と呼ばれる動物の肉に含まれる脂肪酸が多く入っており、この成分は体内に吸収されるとコレステロールに変化しやすい。アメリカの心臓病学会ではココナッツオイルが体に悪い旨を記した勧告が発表されるほど、“健康”からはかけ離れた食品なのです」(岡田さん)

 スムージーは摂り方を間違えれば無意味どころか、有害なものになりかねない。秋津医院院長の秋津壽男さんはいう。

「特にアサイーなど冷凍した果物を使って作ったスムージーは温度が低く、朝一番に氷水をお腹に入れるのと変わらない。お腹を急激に冷やし、代謝を下げます。加えて、果物に含まれる糖分量は意外と多いうえ果糖はブドウ糖などに比べて血糖値を上昇させやすい。いずれにせよ摂りすぎは体によくない」(秋津さん)

関連記事

トピックス