芸能

海老蔵の本命は「濡れ髪で生足ホットパンツ」のB美さんか

B美さんと歩く海老蔵

B美さんと歩く海老蔵。前日は別の女性とデートしていた

 漆黒の闇のなかから、波音が押し寄せる。9月下旬、鳥取・米子の日本海の海岸の目前に立つ高級ホテル最上階の特別室。眼下の砂浜のライトアップも消え、海岸に平行に並び立つクロマツの行列も夜の闇に吸い込まれた22時半すぎ、特別室のバルコニーに体格のいい男性が姿を見せた。あられもない姿で潮風を全身に浴びるその男性は、歌舞伎役者の市川海老蔵(43)だった。

 まさか、部屋から漏れる灯りに照らされ、まるで歌舞伎の舞台上でスポットライトを浴びるかのように、周囲の深い暗闇のなかで、その肉体が異様に目立っていることに気が回らなかったのか。

そして、同じバルコニーのベンチに座り、彼の姿を眺めるのは、黒髪のボブカットが印象的なB美さん──。

 10月15日発売(金)の週刊ポストは、歌舞伎界を牽引する海老蔵が地方巡業の際に逢瀬を重ねた2人の女性の姿をキャッチした。

 1人は、9月23日の岡山「倉敷市民会館」での歌舞伎公演の直前の朝、ホテルの一室で一緒に過ごした黒髪ロングヘアーの20代の女性・A子さん。

 もう1人は、その岡山公演後、次の公演のために移動した先の鳥取・米子で、2晩にわたって海老蔵の宿泊するホテルの特別室を訪れたB美さん。

 どちらも海老蔵よりは10~20歳ほど若い女性たち。小林麻央さんとの死別から4年、もちろん独身の海老蔵が“婚活”を再び始めていても、なにも不思議なことはない。

 気になるのは、どちらが本命なのか──ということだろう。

 A子さんと海老蔵が密会したのは、倉敷でA子さんが宿泊するホテル。海老蔵は自身が泊まる高級旅館ではなく、A子さんのホテルの部屋まで自転車で向かった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン