• TOP
  • 国内
  • マッチングアプリで高齢者から3億円奪った27歳元看護師の「プロフ画像」

国内

2021.10.15 07:00  週刊ポスト

マッチングアプリで高齢者から3億円奪った27歳元看護師の「プロフ画像」

被害総額は3億円(写真はマッチングアプリに登録された西村容疑者のプロフィール画像)

被害総額は3億円(写真はマッチングアプリに登録された西村容疑者のプロフィール画像)

 大阪府八尾市でマッチングアプリで出会った高齢男性から1600万円を騙し取ったとして、無職・西村恵梨奈容疑者(27)と自称投資家・吉田清一容疑者(50)が詐欺容疑で逮捕された。被害者は他に40人以上、被害総額は3億円にのぼるとみられている。その詳細な手口が分かった。

「西村容疑者は今年6~7月にかけ、共犯の吉田容疑者の指示のもと、高齢男性から『奨学金や銀行のカードローンの返済がある』と1600万円を借り、そのまま返済しないでいた。ほかにも40人以上いるとされる被害者のほぼ全員が60代以上で、警察は『これは高齢男性の退職金を狙った新たな特殊詐欺だ』とみて事件の背後を調査中です」(全国紙社会部記者)

 西村容疑者は公立大学の医学部看護学科を卒業後、大学附属病院勤務を経て大手一般企業で保健師として働いていた。

 西村容疑者はどのような手口で高齢男性を篭絡していったのだろうか。10種類以上のマッチングアプリを使用していたという西村容疑者。捜査関係者が話す。

「その中で西村が主に使っていたアプリは女性登録者は20~30代が中心で、男性登録者は40~60代と中高年が多い。西村はアプリに『さき』という名前で登録。プロフィールには『年上の方が大好きでビックリされるかもしれませんが、以前は65歳の方とお付き合いしていました』『職業は看護師』などと書き込んでいた。連絡がきた男性とは『サクラではありません』『新しい恋に向かって素敵な恋人を探しています』などとやりとりし、実際に会うのは通話で相手の退職金の額を聞き出してからだった」

関連記事

トピックス