芸能

東京五輪金メダリスト断トツ人気はウルフ・アロン なぜTVオファー殺到?

ウルフ・アロン選手

ウルフ・アロン選手

 東京オリンピックが終わってから、多くのテレビ番組からオファーが寄せられたメダリストたち。中でもさまざまなジャンルの番組に出演し、人気No.1といわれるのが柔道男子100kg級で金メダルを獲得したウルフ・アロン選手(25才)だ。その人気の理由について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する

 * * *
 東京オリンピックの閉会式から2か月あまりが過ぎた今なお、民放各局のバラエティにはメダリストたちの出演が続いています。

 なかでも断トツの人気は、柔道男子100kg級金メダリストのウルフ・アロン選手。この1か月あまりを振り返ってみても、9月は18日の『炎の体育会TV』(TBS系)、21日の『デカ盛りハンター』(テレビ東京系)、22日の『世界くらべてみたら』(TBS系)、24日の『バズリズム』(日本テレビ系)、26日の『THE鬼タイジ』(TBS系)、27日の『有吉ゼミSP』(日本テレビ系)、29日の『東大王』(TBS系)、30日の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)。

 10月に入っても、1日の『まんぷくダービー』(TBS系)、3日の『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくりナンデス!日テレ系 秋のコラボSP』(日本テレビ系)、5日の『爆笑!ターンテーブル』(TBS系)、9日の『オールスター感謝祭’21秋』(TBS系)、12日の『今夜はナゾトレ 2時間SP』(フジテレビ系)、13日の『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS・TBS系)、15日の『熱盛テレビ~熱く盛り上がるスポーツの秋SP』(テレビ朝日系)、16日の『新しいカギ!2時間SP』(フジテレビ系)、17日の『スクール革命』(日本テレビ系)、17日の『くりぃむナンタラ 初回1時間SP』(テレビ朝日系)に出演。

 今週末も23日の『出没!アド街ック天国 ~新小岩~』(テレビ東京系)に出演したほか、24日の『戦闘中~忍の逆襲~』(フジテレビ系)への出演が発表されています。

 東京オリンピックのメダリストには、バラエティ慣れした卓球・水谷隼選手や、ユニークなキャラクターのボクシング女子フェザー級・入江聖奈選手、女子バスケットボール・馬瓜エブリン選手らもいる中、なぜウルフ・アロン選手にオファーが殺到しているのでしょうか。

 各局のテレビマンや番組関係者への取材を進めたところ、いくつかの納得できる理由が浮かび上がってきました。

何でもできる万能タレントだった

 まず前述した出演番組の内訳を見ると、『炎の体育会TV』『THE鬼タイジ』などのアスリートらしい身体能力を生かしたものに加えて、『東大王』『オールスター感謝祭’21秋』ではクイズ、『デカ盛りハンター』『有吉ゼミ』『まんぷくダービー』では大食い、『ダウンタウンDX』『スクール革命』ではトークに挑戦。

『オールスター感謝祭’21秋』で総合2位に輝くなどクイズをそつなくこなすほか、『まんぷくダービー』では計4kg超もの食べっぷりを披露し、『ダウンタウンDX』では魚をさばく姿を公開。あの内村光良さんから「しゃべりが達者なんです」と称えられるなど、タレントとほぼ同じポジションでのゲスト出演が目立ちます。

 さらに見逃せないのは10月に入ってから、『爆笑!ターンテーブル』でお笑いネタのリアクション、『新しいカギ』でコント、『くりぃむナンタラ』でドッキリの仕掛け人と、よりお笑い要素の濃いポジションでの出演が増えていること。

関連キーワード

関連記事

トピックス