ライフ

幸せホルモン「セロトニン」 夜遅くまでスマホやPCを見ると分泌量激減

幸せホルモン「セロトニン」の特徴とは(写真はイメージ。Getty Images)

幸せホルモン「セロトニン」の特徴とは(写真はイメージ。Getty Images)

 新型コロナウイルスの蔓延がおさまりつつあるいま、世界は少しずつ、別の病に侵食され始めている。イギリスの医学雑誌『ランセット』によれば、2020年にうつ病に罹患した人の数は1.3億人にものぼるという。特にその数は女性に顕著で、女性の患者数は男性の2倍だといわれている。

 その理由は、神経伝達物質であり“幸せホルモン”ともいわれるセロトニンにある。そもそも、この“幸せホルモン”とはどんな物質なのか。セロトニン研究の第一人者で医師の有田秀穂さんが解説する。

「セロトニンが多く分泌され、脳に働きかけると、自律神経の交感神経にも作用し、精神のバランスが取れて、ポジティブで落ち着いた平常心をつくり出してくれる。交感神経が刺激されるため、体の活動も活発になる。活力が湧いて頭の回転がよくなったり体の痛みが和らいだりする効果もあります」

 裏を返せば、セロトニンが減少すればそれだけうつ状態になりやすくなるということ。RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長の白濱龍太郎さんは、セロトニンの分泌能力には男女差があると指摘する。 

「女性のセロトニン分泌量は男性の3分の2にとどまります。そのうえ、女性はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの状態によってセロトニンの分泌量が左右されやすい。セロトニンの分泌はエストロゲンによって活性化されますが、月経や出産などで増減するうえ、閉経すればエストロゲンの量は大幅に減少してしまいます。特に年を重ねた女性はうつになりやすいのです」

 実際に厚生労働省が行った2017年の調査によれば、40代以上の女性のうつ病罹患率が最も高いという結果になっている。もともとリスクが高いうえ、これからの季節は特に注意が必要だ。

「セロトニンは太陽光を浴びると合成されやすいという特徴もあり、秋から冬にかけては日照時間が減少するため、“冬季うつ”になる人もいます。加えてコロナ禍で在宅時間が長くなり、日中は外に出ないばかりか、夜遅くまでスマホやパソコンを見て、セロトニンの分泌量が激減している人が増えています。

 この状態になれば良質な睡眠を促すホルモンであるメラトニンも生成されなくなり、充分な睡眠が取れず体調を崩す人も多い。意識してセロトニンが増えるような生活をするべきです」(白濱さん)

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン