ライフ

地球外知的生命体はいるのか? IAAにはシグナル受信時のガイドラインあり

米・ハーバード大では地球外知的生命体を探査するプロジェクトも(イメージ。Getty Images)

米・ハーバード大では地球外知的生命体を探査するプロジェクトも(イメージ。Getty Images)

 私たちが暮らす天の川銀河には、生命が居住可能な惑星が「最低でも3億個」存在する──。昨年10月、NASA(米航空宇宙局)が発表した論文が天文学者の間で大きな話題となった。宇宙望遠鏡の観測データを基に算出された数字で、地球に似た環境の惑星は、33光年以内に4つ存在するという。

 もっとも、そこに知的生命がいるとは限らず、1光年=9.5兆kmという距離を考えれば時速5万6000kmの宇宙探査機「ボイジャー」でも、到着まで約60万年かかる計算だ。

 もはや地球外知的生命との出会いは絶望的にも思えるが、たとえ会えなくても「その存在を確認することは不可能ではない」と考える天文学者は少なくない。

 1960年にスタートした「SETI(地球外知的生命体探査)」は、異星人の発する電波を電波望遠鏡でキャッチする試みで、1977年8月、「自然界には存在しない」不可思議な信号の受信に成功した。1974年には地球側から2.5万光年先の星団に電波を送る試みもあったが、宇宙物理学者の故・スティーブン・ホーキング博士は「友好的でない相手にも届いてしまう」と警鐘を鳴らした。

 国際宇宙航行アカデミー(IAA)によるガイドラインでは、万一、地球外知的生命からのシグナルを受信した場合は、「徹底的に検証」「確定したら隠蔽せず公表」「勝手に返信しない」といった取り決めもある。

 今年7月には、米・ハーバード大の天文学者ら科学者20名が集結し「ガリレオ・プロジェクト」を始動。地球上の天文台ネットワークを利用し、望遠鏡や高精度カメラで捉えたUAP(未確認空中現象)をAIで解析、「地球外文明」の宇宙船を探索する試みだ。

 陣頭指揮に当たるハーバード大のアヴィ・ローブ教授は「もはや、技術文明がわれわれよりも先に存在していた可能性を無視することはできない」とし、宇宙船の早期発見に自信を深めている。

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン