ライフ

地球外知的生命体はいるのか? IAAにはシグナル受信時のガイドラインあり

米・ハーバード大では地球外知的生命体を探査するプロジェクトも(イメージ。Getty Images)

米・ハーバード大では地球外知的生命体を探査するプロジェクトも(イメージ。Getty Images)

 私たちが暮らす天の川銀河には、生命が居住可能な惑星が「最低でも3億個」存在する──。昨年10月、NASA(米航空宇宙局)が発表した論文が天文学者の間で大きな話題となった。宇宙望遠鏡の観測データを基に算出された数字で、地球に似た環境の惑星は、33光年以内に4つ存在するという。

 もっとも、そこに知的生命がいるとは限らず、1光年=9.5兆kmという距離を考えれば時速5万6000kmの宇宙探査機「ボイジャー」でも、到着まで約60万年かかる計算だ。

 もはや地球外知的生命との出会いは絶望的にも思えるが、たとえ会えなくても「その存在を確認することは不可能ではない」と考える天文学者は少なくない。

 1960年にスタートした「SETI(地球外知的生命体探査)」は、異星人の発する電波を電波望遠鏡でキャッチする試みで、1977年8月、「自然界には存在しない」不可思議な信号の受信に成功した。1974年には地球側から2.5万光年先の星団に電波を送る試みもあったが、宇宙物理学者の故・スティーブン・ホーキング博士は「友好的でない相手にも届いてしまう」と警鐘を鳴らした。

 国際宇宙航行アカデミー(IAA)によるガイドラインでは、万一、地球外知的生命からのシグナルを受信した場合は、「徹底的に検証」「確定したら隠蔽せず公表」「勝手に返信しない」といった取り決めもある。

 今年7月には、米・ハーバード大の天文学者ら科学者20名が集結し「ガリレオ・プロジェクト」を始動。地球上の天文台ネットワークを利用し、望遠鏡や高精度カメラで捉えたUAP(未確認空中現象)をAIで解析、「地球外文明」の宇宙船を探索する試みだ。

 陣頭指揮に当たるハーバード大のアヴィ・ローブ教授は「もはや、技術文明がわれわれよりも先に存在していた可能性を無視することはできない」とし、宇宙船の早期発見に自信を深めている。

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン