国内

石川県羽咋市「UFO町おこし」発案者 税金の無駄と批判され左遷された過去

羽咋市の臨時職員だった高野誠鮮氏

羽咋市の臨時職員だった高野誠鮮氏

 地方では様々な町おこしが行われている。とくに1980年代後半は、各市町村に1億円を配る「ふるさと創生事業」が実施されたこともあり、各地で地域振興のための大胆なアイデアが実現した。

 その代表的なもののひとつと言われているもので、現在も続いているものに石川県羽咋市の「UFOのまち」アピールがある。1986年、羽咋市の臨時職員だった高野誠鮮(じょうせん)氏は、遠い昔に羽咋で謎の飛行物体が頻繁に目撃されていたことを古文書で知り、「UFO町おこし」を思いつく。

 まずはUFOうどん、UFOお好み焼きなどグルメ関連で世の関心を呼び、1990年11月には海外の宇宙飛行士やUFO研究家らを集めて「宇宙とUFO国際シンポジウム」を開催した。

「大学卒業後に科学ジャーナリストとして活動した頃のツテを頼るとともに、NASAや旧ソ連に直接国際電話して交渉しました。参加予定だったアポロ11号の宇宙飛行士が直前に急病になったり、公安から『旧ソ連の軍人は自衛隊基地のある小松の空港に降ろすな』と厳命されるなどハプニングだらけでしたが、フタを開ければ5万人近くの人が集まって大盛況でした」

 1996年には、UFO町おこしの拠点となる宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」が開館。「本物」の展示にこだわる高野氏はNASAやロシアに乗り込み、実際に使用された月面・火星探査機や宇宙カプセル、現物の月の石などを入手した。

「周囲から『税金の無駄遣いだ』と批判されて農林水産課に飛ばされたこともありました(苦笑)。でも他に誰もやってないUFO町おこしは必ず羽咋の財産になると信じ、“どうすれば実現できるか”だけを考えて突き進みました」

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン