• TOP
  • 国際情報
  • 中国、毛沢東の息子を揶揄しただけで逮捕 文革と同じ雰囲気の指摘も

国際情報

2021.11.06 07:00  NEWSポストセブン

中国、毛沢東の息子を揶揄しただけで逮捕 文革と同じ雰囲気の指摘も

あの時の雰囲気が?

あの時の雰囲気が?

 中国では習近平指導部の政治姿勢が毛沢東主席の文化大革命(1966~1976年)の時と同じように、当局の政治姿勢を批判すると弾圧されるという雰囲気が色濃くなっているとの見方が知識人の間で強まっている。

 朝鮮戦争が題材の大作映画「長津湖」について、江西省南昌市の市民がネット上で、毛沢東主席の息子である毛岸英氏が朝鮮戦争で従軍中の1950年11月25日に卵焼飯を作っていた際に爆撃され死亡したことにちなんで、「あの卵炒飯は朝鮮戦争の中でも最高のものだった」と冗談交じりに書き込んだところ、南昌市警察本部によって、「英雄と殉教者の名誉を辱めた」との疑いで逮捕されていたことが明らかになった。

 毛岸英氏は従軍中、米軍機の爆撃で死亡しているが、岸英氏のいた場所が米軍に分かったのは、安寧氏が線上での電気の使用禁止の規則を破って、炒飯の調理をしていた火を米軍機が発見したためだったという話が中国では広く知られている。

 このため、この市民が逮捕されたのは、毛沢東の息子で「英雄」として伝えられている岸英氏を侮辱したと解釈されたからだ。

 警察の発表によると、逮捕された市民は「朝鮮戦争に従軍した毛岸英氏ら中国人民義勇軍の名誉を貶めたのは事実です」と供述しているという。

 これについて、江蘇省在住の時事評論家、張建平氏は香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の取材に対して、「これは不当な罪だ。岸英氏が炒飯を作っていて、爆撃を受けて死亡したことは事実であり、岸英氏を侮辱したものではない。これは、私が若いころの文化大革命時の当局に反対する者を弾圧するやり方に非常によく似ている。こうした事態は、習近平国家主席が毛沢東の信奉者であることと強く関係がある」と指摘している。

 中国社会には政治的に高い緊張状態が蔓延しつつあるようだ。

関連記事

トピックス