• TOP
  • 習近平

習近平一覧

【習近平】に関するニュースを集めたページです。

熱狂に包まれる蔡陣営(写真/katsu)

台湾の「中国化」を阻止した香港からの檄、総統選現地ルポ

 この総統選は、台湾のみならず東アジアの命運を握るものだった。香港で反政府デモの嵐が巻き起こるなか、台湾の民意は中国の介入に「NO」…

2020.01.20 16:00  週刊ポスト

国家主席に歯向かった結果…

習近平ポスターに墨汁かけた女性 精神科病院退院後に変調

 2018年7月に上海で、「習近平国家主席の独裁に反対する」などと叫び、習主席のポスターにめがけて墨汁をぶちまけるパフォーマンスをした女…

2020.01.19 07:00  NEWSポストセブン

新年の演説を行う文在寅・韓国大統領(EPA=時事)

韓国は今年、中ロに接近か GSOMIAは3月に破棄も

 新年の幕開けから、朝鮮半島情勢が風雲急を告げそうな気配だ。異例にも、北朝鮮は年末の4日間、朝鮮労働党中央委員会総会を連続開催した。…

2020.01.10 16:00  NEWSポストセブン

安倍晋三首相、新春特別インタビュー! 日韓関係「原則を曲げることはしない」 年明け解散「国民に信を問うべきと考えれば…」

安倍晋三首相、新春特別インタビュー! 日韓関係「原則…

 安倍晋三首相が、令和初めての年末年始を迎え、夕刊フジの独占インタビューに応じた。まず、内閣支持率を直撃した首相主催「桜を見る会」…

2020.01.04 17:21  ZAKZAK

4選か退陣か(AFP=時事)

安倍首相4選すべきか 田原総一朗氏と屋山太郎氏の意見

 2020年には国論を二分する論争がいくつかあるが、その一つが安倍晋三首相 は「4選目指すべき」か「早期退陣すべき」か?──というものだ。…

2020.01.04 16:00  週刊ポスト

歴史ある銭湯が危機に

中国の大学で言論統制 不当な言論したと教員が停職・解雇

 中国の大学では、教員が授業中の発言やネット上で発表した意見や論文などが「マルクス主義に合わない」あるいは「中国式社会主義から逸脱…

2019.12.30 07:00  NEWSポストセブン

まさに

「偏向図書」を燃やした中国の公立図書館 現代の焚書と…

 中国西部・甘粛省慶陽市の公立図書館で「思想的に偏向しており、中国共産党の指導に反する内容」とされた書籍65冊が図書館の前で燃やされ…

2019.12.25 07:00  NEWSポストセブン

歴史ある銭湯が危機に

香港警察トップ 北京で中国に露骨にすり寄る姿勢見せ批判

 香港警察トップのトウ炳強・警務処長はこのほど、北京市に公務出張した際に天安門広場を訪れ、中国の国旗「五星紅旗」の掲揚を視察。それ…

2019.12.22 07:00  NEWSポストセブン

中国の統計手法に修正、2020年の成長目標引き下げシナリオも

中国の統計手法に修正、2020年の成長目標引き下げシナリ…

 11月、中国の統計手法に修正が加えられたことで、2020年の成長率の見通しも変わりそうだ。 中国国家統計局は11月20日、第四回全国経済セ…

2019.12.19 07:00  マネーポストWEB

元外交官で作家の天木直人氏(共同通信社)

「安倍首相にノーベル賞を」トランプ大統領への接待力を…

 憲政史上最長在任期間となった安倍晋三首相。褒められると喜ぶが、厳しい批判には「オレは何も悪くない」と耳を塞いで聞こうとしない。 …

2019.12.14 07:00  週刊ポスト

まさに

習近平主席、マカオ返還20周年式典出席でドローン禁止

 中国の習近平国家主席はマカオ返還20周年記念日に当たる12月20日、記念式典に出席するため、マカオを訪問することが明らかになった。マカ…

2019.12.14 07:00  NEWSポストセブン

職場にも緊張感

中国の官僚「若い上司の悪口を言っただけ」で処分対象に

 綱紀粛正もここまでか、と思わせるエピソードである。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏が指摘する。 * * *…

2019.12.07 16:00  NEWSポストセブン

世界から「人権弾圧」を告発する声が挙がる(AFP=時事)

中国の「ウイグル弾圧」内部文書が流出 民族浄化策が進…

「決して容赦するな」「情け容赦は無用」──この物騒な言葉を発した人物は中国の習近平国家主席。対象は香港の学生たちでもチベットの独立運…

2019.11.28 16:00  NEWSポストセブン

今度は台湾で書店を開業

中国の禁書扱い拉致された香港書店店主 台湾で書店開業へ

 2015年、中国共産党政権にとって有害な禁書を中国に持ち込んで利益を得ていたなどとして、中国当局によって拉致された香港の書店の店主、…

2019.11.17 07:00  NEWSポストセブン

中国政府が絶対に見習いたくないアメリカの民主主義

中国政府が絶対に見習いたくないアメリカの民主主義

 次のアメリカ大統領選挙は2020年11月3日。これから1年かけて、あらためてトランプ氏の大統領としての資質が問われることになる。トランプ…

2019.11.06 07:00  マネーポストWEB

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス