ライフ

江原啓之さんが語る「明るく楽しい“この世じまい”」

江原啓之さん。お墓や仏壇にまつわる迷信・因習は気にしなくていい、と話す。

江原啓之さん。お墓や仏壇にまつわる迷信・因習は気にしなくていい、と話す。

 超高齢化社会となり、終活という言葉がメジャーになりつつある昨今。これからの時代の終活と新しい供養について、スピリチュアリストの江原啓之さんが語ってくれた。

迷信もロジカルに解き明かしてスッキリ!

「ひと昔前は、親に生命保険の話をするだけでケンカが起きましたよ。『人を殺す気か!』とか、『早く死ねばいいと思っているんだろう』なんてね。それほど“死”に関する話はタブーだったんです。でも今は気軽に話せる時代になってきました」と語るのは、新刊『あの世の歩き方』を上梓した江原啓之さん。

「ただ、講演会で、『エンディングノートを書いていますか?』と会場の人たちに問いかけても、手を挙げる人は残念ながら少ないんです。生命保険の話はできるようになったけど、やはり心のどこかで『死ぬ支度をすると早く死ぬ』とかいう迷信が、くすぶっているんだと思います。元気なうちに死ぬ準備なんて縁起でもないってね。だからやらなければならないと思っても、腰が重くなるんですよ」

 そこに訪れたコロナ禍で、生と死が身近なことを老いも若きも意識することになった。だからといって「いざ終活を」「万が一のことを考えて準備を」と思っても、実はスムースにいかないことが多いのではないだろうか。

 例えば、終活でありがちな墓じまい。子どもがいなかったり、遠く離れた田舎にあったり、自分の代で終わりにしたいと思っても、親戚から「墓じまいするなんてご先祖様に申し訳ない。バチがあたる」と言われて二の足を踏む。あるいは一人っ子同士の結婚で、夫の家系の位牌と、妻の家系の位牌を同じ仏壇に祀っていいものかと、悩む。

 これらは、直面してみると誰もが明確に答えが出せない事例だ。やはり古くからの迷信や因習が、日本人の心に根強くあるためだろう。江原さんは、「墓じまいしてバチなんか当たりません」とキッパリ。

「違う家系の位牌を同じ仏壇に祀るのも、まったく問題ありません。だって考えてみてください。時代が変われば、供養の仕方が変わるのも当然です。『このたびはこういう事情で一緒に祀らせていただきます』と同じ仏壇に入ってもらっても、ご先祖様を大事にする気持ちに変わりはない。大事なのはそこではありませんか?」

 スピリチュアリストというのは、実はとっても現実的なもの、と言う江原さんのアドバイスは至って論理的だ。

生きるからこそ「この世じまい」を

「終活」という言葉に人生の黄昏時を連想する人もいるが、江原さんはあえて“この世じまい”という言葉を使う。

「あの世に心置きなく旅立つためには、“この世じまい”という旅支度が必要です。死を見つめることは、どのように生きていきたいかと己に問いかけること。これからの人生を見つめることなんですよ」

 つまり、「死ぬ準備なんて縁起でもない」などというのとは真逆の話。「この世じまい」とは、あくまでも生きるため、人生の充実を図るために必要なことなのだ。江原さん自身は、自分の「この世じまい」についてどう考えているのだろうか。

「もちろん、エンディングノートは書いていますし、自分に万が一のことがあったときに事務所のスタッフが困らないよう段取りもつけています。私はこれからの人生をもっと充実させて、しかもラクに生きていきたいんです。もっと楽しんで、人生のいろんな風景を見たいですしね」

 しかし、自身が建てたお墓に「少し後悔している」とも。「早くに親が亡くなって親孝行ができなかった分、お墓だけはと建てたものの、今なら自分のお墓はなくてもいいかなと思って。いっそ樹木葬の合葬墓にして、自分の代で墓じまいしちゃおうかな、なんて・・・」と、まだまだ「この世じまい」が進行中のようだ。

 江原さんによる「この世じまい」のポイントは、迷信や因習にとらわれないほかにも、意外にもかなり現実的だ。

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン