芸能

嵐、デビュー記念日に4人がサプライズで集結「2年分の愛を込めて」

久しぶりそろった嵐の面々

久しぶりそろった嵐の面々

 嵐のライブ映像を収めた映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories”』(11月26日公開)の先行初日舞台挨拶に嵐の4人が約2年ぶりにファンの前へサプライズ登場。ファンから割れんばかりの歓声が送られた。

 2018年11月から2019年12月まで開催され、累計237万5000人を動員した嵐20周年ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。50公演を数えたツアーとは別に映画を撮影するために1日限りで開催するという、過去に例を見ない「シューティング・ライブ」が2019年12月23日に東京ドームで行われた。

 嵐の5人だから見られた景色、5万2000人の観客が5人と一緒に見た景色を計125台(同時撮影)のカメラで余すことなく記録。名曲とパフォーマンスを体感できる全編ライブがここに完成した。

 そしてこのイベントではもう1つサプライズが! この日登場しなかった大野の近況を本人が手紙にして、櫻井が読み上げた。5人はそれぞれこんなメッセージを発表した。(※コメントは一部抜粋)

●櫻井翔(39才)
 会場を見ると、受付のところのメッセージボードに色々メッセージを書いていただいて、とても心が温かくなりました。チケットをとって会場でコンサートを見るワクワク感をもう一回味わってもらえたらと思います。

●二宮和也(38才)
 今日は11月3日でデビュー日ですけど、そんな日に映画が公開されること、ずっと思ってますけど幸せ者だなと。そしてこの機会を与えてくださって、また会場を含めてすべて、松竹の皆様にお世話になって。できれば個人の映画もお待ちしておりまーす。

●松本潤(38才)
 11月3日というのは僕らにとって意味のある日だと、思っています。その日に会場に来てくださった皆さん、そして全国のドルビーシネマの会場に来てくださった皆さんはじめ、嵐のファンの皆さんが、メッセージもSNSも含めて僕らに想いを届けてくれているのがちゃんと伝わっています。

●相葉雅紀(38才)
 嵐の20年ここにありという映画になっておりますので、たくさんの人に見てもらえたらと思ってます。

●大野智(40才)
 全国での一般公開日が僕の誕生日で、41歳になります。当時39歳の僕も含め本気の僕らを楽しんでご覧いただければと思います!

撮影/浅野剛

※女性セブン2021年11月25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン