ライフ

「塗るED薬」 手軽さと即効性に注目、塗布すると7~8分で効果

近年は「塗るED薬」も登場(写真は「エロクソン」)

近年は「塗るED薬」も登場(写真は「エロクソン」)

 力強く起こり立つこと──日本国語大辞典で「勃起」と引くと、こうある。つまるところ勃起力の回復は、陰茎の問題に留まらず、「生きるための活力」を取り戻すことに他ならない。世界各国でED治療薬の開発が進み、近年は、「塗るED薬」も登場した。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が語る。

「2019年にイギリスで発売された『エロクソン』です。ニトログリセリンが有効成分で、ペニスに直接塗り込むことで血管が拡張し、7~8分で勃起する。塗るという手軽さと即効性から、医学界で注目されています」(室井氏)

 効果の持続時間は30分程度とされており、行為の直前に塗り、終われば鎮まる。長時間の“連戦”には向かない短期決戦仕様となっている。イギリスの臨床医はエロクソンの性能を紹介しており、「塗布すると最初に冷却感があり、その後熱を帯びてくる」「亀頭を中心に膨張を感じる」などと説明している。

 エロクソンを開発した製薬会社は、2011年にコンドームの先端に血管拡張作用のあるジェルを注入した『CSD500』という製品を発売しており、イギリス国内で“バイアグラコンドーム”の通称で話題を呼んだ。

 今年4月、エロクソンがEUで医薬品として認可された。安全性が認められれば、日本にも上陸する可能性が高いという。

「ただしニトログリセリンは心不全の薬としても有名で、血管拡張効果がある3大ED治療薬(※「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」)との併用は避けた方がよい。また性交時の女性への影響を考えると、コンドームは必須など条件が付く可能性はある」(同前)

 現状で、一部の医療機関や通販を利用すれば、海外のED薬を入手することは可能だ。だが国内未承認のED治療薬を使用する際は、十分に気をつけたい。室田医師が語る。

「海外のED治療薬は国内に比べて不衛生な製造法で粗雑に生産されることがあり、偽物が国内に入るリスクがあります。また重篤な副作用が出た際に、国の救済措置の対象外になり、健康被害が生じても自費で対応する必要があります」

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン