ライフ

医師が指南するED克服術 下半身の筋力アップを目指す3つの体操

医療に頼らずとも日常生活で力を回復させる方法は?(イメージ)

医療に頼らずとも日常生活で力を回復させる方法は?(イメージ)

『週刊ポスト』2021年11月1日発売号ではEDに関する悩みを募集。その回答には、多くの読者の苦悩が色濃く反映されていた。61歳の会社役員・Aさんは50代に入ってから一気に「衰え」を感じたと明かす。

「気分は盛り上がっているのに最後まで続けられず、相手に『ごめんね』と謝る機会ばかり増えて、男としての自信を失ってしまった。かかりつけ医に相談してバイアグラを処方されましたが、食後に効きが悪くなることと自由診療で費用がかさむことが大きなネックです。他の治療薬も一長一短あり、有効な解決策が見つかりません」

 そのほかにも深刻な悩みが多く寄せられたが、医療に頼らずとも日常生活で勃起力を回復させる方法がある。

 くぼたクリニック松戸五香の窪田徹矢院長が解説する。

「勃起力の低下には、運動不足や不摂生といった生活習慣が密接にかかわっています。逆に言えば病院での治療や薬に頼らなくても、生活習慣を変えればEDは改善できる」

 そこで意識したいのが、下半身の筋力アップだ。

「加齢や運動不足が重なると陰茎などの骨盤内臓器を下から支える『骨盤底筋群』が弱まり、勃起力が低下する。この部分を重点的に鍛えることが必要です」(窪田医師)

 骨盤底筋群の強化は勃起力の向上に加えて、高齢者の大敵である頻尿を予防する効果がある。シニアの大敵であるED、頻尿の両者を対策可能だ。

 今回、窪田医師に「3種のびんびん体操」を伝授してもらった。詳しい動きは別掲図解を参照してほしい。

 1つめは「ワイドスクワット」。まず肩幅の2倍ほどまで足を開き、つま先を外側に向ける。そのまま背筋を伸ばした状態で、お尻をゆっくり上下に動かす。

「通常のスクワットよりも足を広げることで骨盤底筋群への刺激が強くなり、勃起力がアップします。さらにピストン運動に欠かせない太ももの筋力も鍛えられる。最初は無理をせず、お尻を軽く上下させるだけで効果があるので、歯磨きしながらでも始めてみましょう。まずは1日10回やればOKです」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン