スポーツ

日ハム・大田泰示 「巨人出戻り」より「他球団移籍」が望まれるワケ

大田泰示は巨人へと戻るべきか(時事通信フォト)

大田泰示が次に活躍する場は(時事通信フォト)

 球界の話題を独占しているのが日本ハムの新庄剛志・新監督だ。「ビッグボス」の愛称で呼ぶように報道陣に求め、球界の固定観念を覆す発言、ド派手なファッションなど一挙手一投足が話題になっている。一方、フロントは新庄新体制のもと若返りに向けて大きな改革を断行した。海外FA権を持つ西川遥輝、国内FA権を持つ大田泰示、秋吉亮の主力3選手と来季の契約を提示せず、保留手続きを行なわない「ノンテンダー」にしたと発表した。

「メジャーで用いられる用語で、主に選手がコストに見合わなくなった際に用いられる手法で、事実上の“来季構想外”です。3選手は日ハムとの再契約を含めた12球団と移籍交渉が可能になります」(同前)
 
 そのなかで、動向が注目されているのが大田だ。巨人に2008年ドラフト1位で指名され、松井秀喜の背番号「55」を継承。「将来の4番」と嘱望されたが、在籍8年間で9本塁打と伸び悩み、2016年オフに日本ハムへトレード。だが、この移籍が奏功した。2017年に外野のレギュラーに定着し、打率.258、15本塁打、46打点をマーク。プロ9年目で初の規定打席に到達した。2019年に打率.289、20本塁打、77打点と自己最高の成績を更新し、プロ11年目で1億円プレーヤーに。昨季は初のゴールデングラブ賞を獲得した。
 
 しかし、今季は打率.204、3本塁打、20打点と打撃不振に。貧打に喘ぐ日ハムでレギュラーを剥奪され、1軍と2軍を行き来した。地元のテレビ局関係者は大田の状態が上がらなかった原因についてこう分析する。

「今季の大田は強引なバッティングが目立ちましたね。元々、状況に応じた打撃が得意な選手ではないですが、打席で色々考えすぎてしまうのか、バットが出なくなった。結果が出なかった原因は本人も分かっていると思います。ただし、フィジカルの衰えは見られません。右翼の守備は強肩で魅力的ですし、1発がある打者なので移籍先は見つかるでしょう」

 一度は放出した巨人だが、いまの大田はV奪還のための貴重な戦力であることは間違いない。前出・スポーツ紙デスクはこう分析する。

「巨人の外野陣を見ると、丸佳浩、松原聖弥、梶谷隆幸と左打者が多いが、右打者の主力はウィーラーのみ。長打力がある大田は補強ポイントにも合致します。そもそも大田が巨人から放出されたのは高橋由伸監督時代。今でも球界内では『原辰徳監督なら母校・東海大相模の後輩の大田を放出しなかった』という声が多い。今オフの原監督は新戦力についての言及を控えていますが、いつラブコールがあってもおかしくない」

関連キーワード

関連記事

トピックス