松井秀喜(まついひでき)

松井秀喜のプロフィール

松井秀喜
年齢:48歳
生年月日:1974年06月12日
趣味・特技:腕時計収集
身長:186cm
出身地:石川県

星稜高時代に甲子園に4度出場し、高校通算60本塁打の怪物スラッガーとして活躍。甲子園ラストゲームとなった1992年の明徳義塾戦で5打席すべてで敬遠され話題となった。1993年ドラフト1位で巨人に入団し、高校生ルーキー初の契約金1億円超えも話題に。1998年、2000年、2002年には本塁打王と打点王の二冠王、2001年には首位打者を獲得。2002年には史上8人目の50本塁打を記録するなど球界屈指の強打者として活躍し、同年にFAでメジャー挑戦を表明。2003年にヤンキースへ移籍し、開幕戦でメジャー初本塁打となる満塁弾を放ち華々しいデビューを飾った。2009年に世界一に輝きワールドシリーズMVPを日本人で初めて獲得。2010年以降はエンゼルス、アスレチック、レイズに在籍し、2012年に現役引退を発表。日米通算507本塁打。背番号は「55」。2013年には恩師である長嶋茂雄氏とともに国民栄誉賞を受賞した。2018年に史上最年少で野球殿堂入り。AVマニアを公言するなど明るい人柄で愛され、「ゴジラ」の愛称で親しまれた。人格者としても知られ、著書も多数。自身の信念や流儀をつづった『不動心』(新潮新書)はベストセラーとなった。

最終更新日:2022年06月10日

松井秀喜の最新ニュース

坂本・村上・紅林に続くか?巨人・秋広優人「高卒2年目ブレイク」の条件
坂本・村上・紅林に続くか?巨人・秋広優人「高卒2年目ブレイク」の条件
 昨年、ドラフト5位の高卒新人ながらオープン戦にも先発出場した巨人・秋広優人。球団では王貞治以来となる高卒ルーキーの開幕スタメンを期待されたが、オープン戦ではプロのスピードについていけず、開幕一軍にも残れなかった。シーズン当初は二軍でも苦労していたが、終盤になると徐々に慣れていき、9月29日には一軍で初打席にも立った。 今年は宮崎キャンプから一軍に帯同し、初の対外試合となったビッグボスこと新庄剛志監督率いる日本ハム戦では『3番・センター』に抜擢された。身長2メートルで長打力が魅力の秋広は、高卒2年目でブレイクできるのか。プロ野球担当記者が話す。「過去には巨人・王貞治や広島・前田智徳、巨人・松井秀喜、西武・森友哉などの大打者が2年目にフル出場かそれに近い試合数に出て、チームの主軸へと成長していきました。ただ、彼らは1年目もそれなりの試合数に出ている。数試合しか出場していない選手が高卒2年目にブレイクした例では、昨年のオリックス・紅林弘太郎、3年前のヤクルト・村上宗隆、巨人では2008年の坂本勇人らがいます」 高卒2年目の野手が開幕からスタメンを勝ち取るにはオープン戦でのアピールが必須になる。昨年の紅林は16試合で打率1割7分6厘、1本塁打、5打点だったが、終盤にホームランやマルチ安打を放つなど中嶋聡監督を起用に踏み切らせる活躍をした。 2019年の村上は2割4分5厘、4本、12打点と持ち前の長打力でアピール。日本ハムとの最終戦で2点ビハインドの8回裏に逆転3ランを放つなど、ホームラン数は12球団で3位タイだった。 2008年の坂本勇人は初戦の対ソフトバンクでマルチ安打を記録。その後、22打数2安打と打てなくなったが、3月11日の阪神戦で4打数4安打と爆発し、翌戦もマルチ安打、翌々戦では初ホームランと打ち始め、原辰徳監督の評価も上がっていった。最終的には2割4分0厘、1本、3打点。アスレチックスとのオープン戦でも猛打賞を記録し、脇谷亮太との争いに勝った。3人はいずれも開幕スタメンに選ばれ、1年間レギュラーの座を守った。「秋広の場合、対外試合を含めた実戦の序盤からアピールしていかないと、オープン戦途中での二軍落ちもあり得る。巨人は層が厚いですし、原監督は若手、ベテラン問わずに実力至上主義を掲げていますからね」 秋広は本職のファーストでは中田翔や中島宏之、ウィーラー、今キャンプから挑戦しているセンターにはチームの主軸である丸佳浩というライバルがいる。「紅林や村上は一発の打てる大型野手という魅力があり、その点では秋広も同じです。鍵になるのは守備力でしょう。紅林は前半戦はエラーも目立ちましたが、持ち前の強肩と守備範囲の広さがあった。坂本は及第点を残していた。村上はサードの守備はまだまだでしたが、ファーストではなんとか乗り切れた。 もうひとつ、“運”を引き寄せられるかもポイントです。紅林は2年連続最下位のチームで、若手を抜擢しやすい状況でした。坂本は開幕戦セカンドでのスタメンでしたが、二岡智宏の故障で2戦目から本職のショートに回り、その後二岡が復帰してもその座を明け渡さなかった。不慣れなセカンドだったら、1年定着できたかはわかりません。村上の場合は、畠山和洋の成績に陰りが見えてきて、一塁のポジションが空いていた」 今季から松井秀喜の背負った55番を身に着ける秋広。球団やファンの期待に応えられるか。
2022.02.16 11:32
原監督(左)と阿部慎之助氏(時事通信フォト)
全巨人ファンが夢見た「松井秀喜監督」消滅か OBたちが語る内幕
 リーグ3位、CSファイナルも0勝で終わった今シーズンの巨人。不満がくすぶるなか原辰徳・監督の続投が決まり、高卒2年目の秋広優人(19)の背番号が「68番」から「55番」に変更されることが報じられた。「55」といえば、松井秀喜が現役時代につけていた背番号である。これによりファン待望の監督人事、松井秀喜監督がついに完全消滅したと、球界関係者は見ている。 松井監督誕生への期待は過去にも降っては湧いてきた。かつて松井監督の機運が高まったのが、2018年オフに高橋由伸監督の3年契約が切れるタイミングだった。「松井が当時、宮崎キャンプを訪問するため来日した際に、高橋の次ということでGMや球団担当者が打診したと言われています。しかし、その時の松井は2人の幼い子供をニューヨークで育てており、環境を変えるわけにもいかなかったため実現しなかったとされています」(スポーツ紙デスク) そして今年、日本ハム・新庄剛志監督、中日・立浪和義監督に続く松井監督誕生へ期待が高まったのには、伏線もあった。 それが、松井氏が長嶋茂雄氏と王貞治氏(ソフトバンク球団会長)とともに聖火ランナーを務めた、東京五輪開会式での聖火リレーだった。「2020年にテレビ番組に出演した際に、監督就任の可能性を聞かれて、『ジャイアンツはやっぱり気になりますね。その時の状況で自分が許せばだとは思います』と前向きな発言をしました。 これには球界も松井の心情に変化があったのではと関心を向けてきた。そんな状況のなかで、恩師であるミスター(長嶋茂雄)と聖火ランナーを務め『(ミスターとの会話は)やはり野球のことが中心でした』と発言した。期待が高まるのは当然です」(同前) かねて、松井監督誕生にはミスターがカギになると言われてきた。読売関係者が語る。「松井にとってミスターはドラフトで引き当て育ててくれた大恩師です。ミスターが入院していた時に病室を見舞えた人は数少なかったが、そのうちの一人が松井だったという話もありました。ミスターの“最後の仕事”は松井監督を誕生させることと言われているほどです」ドンとの確執 そんな機運が一転、松井監督消滅説が飛び交う背景には、これまでの監督の“系譜”も関係しているという。「巨人軍監督には大きく二つの系統があるとされており、一つはV9を達成した川上哲治監督の流れと、もう一つはそのV9時代に活躍した長嶋茂雄の流れです。二大派閥とも言える系統が次の監督を送り合ってきた歴史があります。 不振にあえぎ1981年に長嶋監督からバトンタッチされたのは川上監督時代の投手コーチだった藤田元司で、川上派が政権を取り戻したとも言われていた。今回新たに3年契約を結んだ原監督も川上派とされており、引退後に一時『NHKプロ野球』の解説者になったのも川上、そして恩師と仰ぐ藤田の流れからだったとの話もあります。 全権監督として再任し、地位を確立させた原監督がいる以上、長嶋派と見られている松井が監督を継ぐことは難しい」(同前) また今回原監督が行なった組閣で“阿部慎之助次期監督”が決定的になったとも言われている。「今シーズンの10月まで二軍監督だった阿部は、『作戦兼ディフェンスチーフコーチ』という球団初のポストになったが、これは原監督の隣で帝王学を学ぶ期間ということでしょう。キャリア的に見ても松井のほうがはるかに上。世代交代した阿部以降に松井が監督になる可能性は考えにくい」(スポーツ紙記者) 今回の人事は、巨人OBから見ても複雑なようだ。巨人でセットアッパーとして活躍した前田幸長氏が語る。「原さんが3年契約で、次期監督が阿部慎之助。これが既定路線でしょうね。僕はもう松井秀喜監督はないと思います。もちろん過去には巨人もオファーを出したと思いますが、松井が受けなかったんじゃないでしょうか。松井は周囲にニューヨークでは自由に生活できるが、日本では騒がれて家族に迷惑をかけると……。プレッシャーではなく、そういった理由で監督就任を断わっていると聞いたことがある」 加えて、巨人監督人事にいまだ大きな影響力を誇る読売新聞グループの“ドン”渡邉恒雄氏との関係も大きな影を投げかけているという。別の読売関係者が語る。「松井が巨人軍の監督候補に名前が挙がり始めたのは、ヤンキースのGM特別アドバイザーに就任した2015年の頃でした。それはメジャーで野球の勉強というのが表向きの理由でしたが、メジャー移籍の時のナベツネ(渡邉恒雄)さんとの確執がまだ尾を引いているためとも言われていた。 実際、ナベツネさんはラジオ番組で『松井とイチローだったら、指導者としてどっちが欲しいか』という質問に対して、『イチローだね』と迷わず答えるほどですからね」松井にやってもらいたい 松井監督誕生はやはり夢のままなのか。そこに寂しさを感じる球団OBは少なくない。前出・前田氏は「正直なところ、ぼくは松井監督を見たかったですね。あれだけの人気選手だし、実績も申し分がない。でももうないのかな」と寂しそうに語る。 V9の前半の巨人投手陣を支え、引退後はスカウトなどを歴任した城之内邦雄氏もこう言う。「もう難しいのは分かっているけど、巨人の伝統を知っている松井に監督をやってもらいたいし、そのために日本で野球を見てほしい。2~3年巨人のコーチをやったうえで、監督になってぜひ巨人の野球を変えてほしいと今でも思っています」 川上監督のもとでコーチ兼任選手としてV9の礎を築き、巨人引退後は低迷するヤクルトや西武を日本一に導いた名将・広岡達朗氏がこう嘆息する。「今の巨人に球界の盟主の影はもうないですよ。日本シリーズで負けたら監督はクビというのが、巨人の古き良き伝統なんです。 それがソフトバンクに2年連続、それも1勝もできないで敗北したのにまだ原は生き残っている。今年はリーグ優勝もできず、CSファイナルでヤクルトに1勝もできない。その指揮官と3年契約を結ぶフロントもフロントですよ。 本来なら実力と実績があり確かな理論を持っている人が監督をやるべきだけど、松井が監督になるとしても支えることができるコーチが見当たらない。今の巨人は目指すべき監督像とどんどん違う方向に行っていると思うね」 球団OBやファンが待望する「松井秀喜監督」はこのまま夢と消えてしまうのか。※週刊ポスト2021年12月10日号
2021.12.02 16:24
「松井秀喜監督」誕生の可能性は?(写真/共同通信社)
巨人に「新・55番」誕生 「松井秀喜監督」の目は完全に消えたか
 11月16日、高卒2年目を迎える巨人の秋広優人(19)の背番号が「68番」から「55番」に変更されることが報じられた。「秋広は歴代日本人選手最長身である2メートルの上背で、スケールの大きい日本人離れした打撃が魅力です。『55番』と言えば、球界を代表する4番として活躍した松井秀喜の巨人時代の背番号。大田泰示(現在自由契約・31)が2009~2013年に背負って以来で“ネオゴジラ”として期待の高さが窺えます」(巨人番記者) しかし今回の「55番」就任には、大田の時とは別に“大きな意味がある”と番記者たちの間で噂になっているという。前出の巨人番記者がこう続ける。「『55番』が長らく欠番になっていたのは、いずれ松井を“巨人の監督”に置く時のためだと言われていました。大田が『55番』を背負ったこともありましたが、それはまだ松井が現役の頃で、当時の滝鼻卓雄オーナーは、松井が巨人に復帰するなら返す用意はあることも示唆していた。それほど『55番』は大事なものだった。 そして今季、日本ハムはビッグボスこと新庄剛志、中日は“ミスタードラゴンズ”の異名を取る立浪和義とかつてのスター選手が続々と監督に就任したことによって、巨人もサプライズで松井を監督に招聘するのではとの機運が一気に高まりました。 しかし、そのタイミングで秋広が『55番』を背負うことが決まったので、松井監督の目は完全に消えたと言われているのです」 背番号は、球界にとって話題作りの大きなカギとなる。 2000年、長嶋茂雄監督(当時)が、広島からFAで加入した江藤智に背番号「33番」を譲り、永久欠番である「3番」に戻った際は、キャンプ初日から長嶋監督に視線が集中。グラウンドコートを脱いで「3番」を披露する瞬間をカメラマンが追いかけ、チームの人気向上につながった。 ヤクルト、巨人、阪神で4番を打った広澤克実氏は今回の背番号継承の影響についてこう語る。「常識的に考えれば、『55番』を高卒2年目の選手がつけていることからも、ジャイアンツに松井監督を期待する動きはないのでしょう。古くからの巨人ファンやコアな野球ファンも『55番』が空き番号でなくなれば、松井の帰る場所が消滅したと思うでしょうね。 今のジャイアンツで2ケタ勝利が期待できるのは菅野智之(32)だけで丸佳浩(32)や坂本勇人(32)が今シーズンのように不振になれば戦力もガタガタになることが分かった。今のチームで松井監督を招聘すれば恥をかかせてしまうという懸念もあったのかもしれません」※週刊ポスト2021年12月10日号
2021.12.01 11:29
大田泰示は巨人へと戻るべきか(時事通信フォト)
日ハム・大田泰示 「巨人出戻り」より「他球団移籍」が望まれるワケ
 球界の話題を独占しているのが日本ハムの新庄剛志・新監督だ。「ビッグボス」の愛称で呼ぶように報道陣に求め、球界の固定観念を覆す発言、ド派手なファッションなど一挙手一投足が話題になっている。一方、フロントは新庄新体制のもと若返りに向けて大きな改革を断行した。海外FA権を持つ西川遥輝、国内FA権を持つ大田泰示、秋吉亮の主力3選手と来季の契約を提示せず、保留手続きを行なわない「ノンテンダー」にしたと発表した。「メジャーで用いられる用語で、主に選手がコストに見合わなくなった際に用いられる手法で、事実上の“来季構想外”です。3選手は日ハムとの再契約を含めた12球団と移籍交渉が可能になります」(同前)  そのなかで、動向が注目されているのが大田だ。巨人に2008年ドラフト1位で指名され、松井秀喜の背番号「55」を継承。「将来の4番」と嘱望されたが、在籍8年間で9本塁打と伸び悩み、2016年オフに日本ハムへトレード。だが、この移籍が奏功した。2017年に外野のレギュラーに定着し、打率.258、15本塁打、46打点をマーク。プロ9年目で初の規定打席に到達した。2019年に打率.289、20本塁打、77打点と自己最高の成績を更新し、プロ11年目で1億円プレーヤーに。昨季は初のゴールデングラブ賞を獲得した。  しかし、今季は打率.204、3本塁打、20打点と打撃不振に。貧打に喘ぐ日ハムでレギュラーを剥奪され、1軍と2軍を行き来した。地元のテレビ局関係者は大田の状態が上がらなかった原因についてこう分析する。「今季の大田は強引なバッティングが目立ちましたね。元々、状況に応じた打撃が得意な選手ではないですが、打席で色々考えすぎてしまうのか、バットが出なくなった。結果が出なかった原因は本人も分かっていると思います。ただし、フィジカルの衰えは見られません。右翼の守備は強肩で魅力的ですし、1発がある打者なので移籍先は見つかるでしょう」 一度は放出した巨人だが、いまの大田はV奪還のための貴重な戦力であることは間違いない。前出・スポーツ紙デスクはこう分析する。「巨人の外野陣を見ると、丸佳浩、松原聖弥、梶谷隆幸と左打者が多いが、右打者の主力はウィーラーのみ。長打力がある大田は補強ポイントにも合致します。そもそも大田が巨人から放出されたのは高橋由伸監督時代。今でも球界内では『原辰徳監督なら母校・東海大相模の後輩の大田を放出しなかった』という声が多い。今オフの原監督は新戦力についての言及を控えていますが、いつラブコールがあってもおかしくない」 一方で、「大田は巨人に戻るべきではない」という声も聞こえてくる。キー局スポーツ担当が語る。「巨人時代の大田はドラ1で、“松井秀喜の後継者”として期待されていたため、多くのOBから指導を受けていました。しかし、OBのアドバイスはそれぞれ違っていて、うまく咀嚼できなかった大田は打撃フォームを見失っていた。試合でも1つ三振をしただけで叱責を受けるので、笑顔を見せず、いつも辛そうに野球をしていました。大田は身体は大きいですが、繊細で優しい性格です。マスコミの注目が少なく、もっと自由にやれる球団に行くべきです」 巨人ファンにとっても大田の復帰は複雑な話題のようだ。SNSには〈巨人ファンだけど戻らない方がいいと思う。大田は伸び伸びとした環境の方が力を発揮できる性格だから〉、〈巨人に戻ったらダメ。原監督に打撃フォームをいじられてまた混乱してファーム暮らしの未来が見える。他球団に移籍した方がいい〉と、「巨人」という球団の性質を指摘するコメントが見受けられる。 大田がユニフォームに袖を通す球団はどこになるか。
2021.11.26 11:26
王貞治氏、松井秀喜氏とともに登場した長嶋茂雄氏(時事通信フォト)
長嶋茂雄氏 車椅子での聖火リレーを拒否した強い執念
 東京五輪開会式に聖火ランナーとして王貞治氏、松井秀喜氏とともに登場し、自らの歩みで聖火を繋いだ長嶋茂雄氏。その姿が国民に与えた感動は、海外メディアが「開会式で日本がもっとも涙を流した瞬間」と報じたほどだった。「何としても歩いて繋ぎたい」という思いは長嶋氏自身が強く訴えたものだったという。「世界同時生中継でミスターに異変が起きては一大事と、JOC関係者が車椅子での登場を提案したが、本人が『自分の足でその場に立たないと意味がない』と言い、車椅子の使用を拒否したそうです。2004年のアテネ五輪は監督として五輪の舞台に立つはずが、脳梗塞で倒れて指揮を執ることができなかった。再び五輪の舞台に立つことがミスターの長年の夢だった」(スポーツ紙記者) 長嶋氏には東京五輪に特別な思いがある。故・亜希子夫人との出会いは前回の東京五輪。コンパニオンをしていた亜希子夫人に長嶋氏がひと目ぼれしたことは有名だ。「東京五輪の誘致も、発端は長嶋氏と親しかった石原慎太郎氏が都知事時代に、“ミスターの気持ちに応えたい”と始めたもの。聖火ランナーにこれほどふさわしい人物はいません」(都庁職員) しかし、東京五輪の聖火ランナーは絶望的だと見られていた。「リハビリに励んでいた2018年に胆石が見つかった。治療したが原因不明の黄疸が消えず入院が長引き、それまでリハビリで鍛えた筋肉が落ちてしまった。退院後、五輪の1年延期が追い風となって再びリハビリで歩けるまでになったが、今年4月には腸閉塞で入院。 退院すると自宅地下室に歩行マシンを持ち込み、驚異的な回復力で開幕式に間に合わせたのです。ミスターは開会式のリハーサルにも参加し、何度も繰り返して予定の距離を歩いていました」(スポーツ紙デスク) ミスターが執念で繋いだ聖火に、誰もが胸を揺さぶられた。※週刊ポスト2021年8月20日号
2021.08.08 16:28
日本を代表する文化であるゲーム音楽に合わせ、206の国と地域の選手が入場。日本は過去最多となる582人の選手団のうち155人が開会式に参加した(Getty Images)
写真で振り返る東京五輪2020開会式 歓声なきパフォーマンスへの称賛も
 2021年7月23日に行われた、東京五輪2020の開会式。前日に解任された元芸人・ラーメンズの小林賢太郎氏を含め、総合演出家が4度も交代するというドタバタを象徴するオープニングセレモニーとなった。 MISIAの個性的な君が代独唱を披露し、木やりうたとダンスのパフォーマンスでは棟梁役で真矢みきが登場。俳優・森山未來は、今なお苦しめられるコロナウイルスの犠牲者へ黙祷を捧げる内容で、神秘的な演出でダンスを披露した。 日本を代表する文化であるゲーム音楽に合わせ、206の国と地域の選手が入場した。日本は過去最多となる582人の選手団のうち155人が開会式に参加した。 入場行進中は、フィールドを囲うように陣取ったパフォーマーたちがお辞儀をし、両手を広げて大選手団をお迎えし、さあこちらへと「おもてなし」のダンスで選手を誘導する。無観客の殺風景に花と彩りを与えた。 冒頭にはコロナ禍によって世界最終予選がなくなり、戦わずしてオリンピアンになる夢を絶たれた女子ボクシング選手の津端ありさを登場させた。「多様性と調和」に加え、現役の看護師である彼女を登場させることで、パンデミックの最中に五輪を開催する意味を世界に問うた。 直径4メートルの五輪のシンボルは、1964年の東京大会の際に各国の選手団が持ち寄った種から育てた木の間伐材を用いて表現した。 大会エンブレムは多様性を象徴している。さまざまな人種、性別、年代のパフォーマーがカラフルな45個のブロックを使って、ともに「東京2020」のエンブレムを作り上げた。立ち止まった世界中のアスリートが再び走り出すまでを描いた演出。赤い紐は血管や筋肉、葛藤などの心情を象徴しているという。 簡素でありながら、1824台のドローンで作り上げた五輪エンブレムから地球の形へと変化し、最新の舞台演出の技術と粋が詰まっていた。 パントマイムアーティストのが~まるちょば・HIRO-PONとGABEZによる全50競技の「動くピクトグラム」は、国内外から称賛の声が続出した。 市川海老蔵は、代表的な演目「暫」の鎌倉権五郎に扮し、世界の厄災が収まるよう祈りを込め、厄災を打ち払う「見得」を切った。 国内を約1万人が121日間かけ繋いだ聖火リレーが国立競技場に到着。聖火は松井秀喜さんが支える長嶋茂雄さんと、王貞治さんの手に渡った。太陽をモチーフとした聖火台に点火したのはテニスの大坂なおみ選手。五輪の理念である男女平等や多様性を象徴する最終ランナーとなった。 閉会式の8月8日まで、オリンピアンたちのパフォーマンスに酔いしれたい。※週刊ポスト2021年8月13日号
2021.07.28 14:26

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン