国内

愛知・中3同級生刺殺事件 教育熱心な名家の少年が強烈な殺意を抱くまで

中学校に隣接する体育館で、保護者向けの説明会が開かれた(写真/共同通信社)

中学校に隣接する体育館で、保護者向けの説明会が開かれた(写真/共同通信社)

 小学校の卒業写真で、ともに笑顔を見せる2人の少年。わずか3年後、この2人が被害者と加害者になるとは、誰が想像できただろうか。愛知県で発生した同級生刺殺事件。「いじめ」では片づけられない、根深い遺恨が存在していて──。

 名古屋駅から車で30分ほどの距離にある愛知県弥富市。田園風景が広がる風光明媚なその地域の中で、ひときわ大きな日本家屋がある。駐車場には国産の高級ワンボックスカーや欧州車がズラリと並ぶ。

 その豪邸の門にはパイロンとポールで作られた仕切りが置かれ、デカデカと《ここは私有地です。立ち入らないでください》という張り紙がしてあった。近隣住民が語る。

「地元の名士といわれた人の家なんですが、お孫さんがあんな事件を起こしてから周囲をシャットアウトしたんです。Aくんは体は大きかったけど物静かな子で友達を殺すなんて信じられん……一体、彼に何があったのか」

 11月24日、弥富市の市立十四山中学校に通う中学3年生の伊藤柚輝くん(14才)が、校内で刺殺される事件が発生した。現行犯で逮捕されたのは、同じ中学校の同級生、少年A(14才)だった。

 事件が発生したのは、伊藤くんとAが登校した直後の午前8時10分頃。

「Aは伊藤くんを廊下に呼び出し、自宅から持ってきた包丁で腹部を刺しました。その包丁は全長約35cm、刃渡り20cmほどの刺身包丁。先が鋭く細身なため、出刃包丁などに比べて殺傷能力が高いとされています。凶器は伊藤くんの肝臓を貫通して背中にまで達していました。Aはこの刺身包丁を、事前にインターネットで購入しており、犯行は計画的。Aには伊藤くんに対する強烈な殺意があったとみられています」(捜査関係者)

 腹部を刺された伊藤くんは、よろめきながら教室にたどり着き、同級生たちに助けを請うた。だが、約2時間半後、搬送先の病院で出血性ショックで息を引き取った。

 Aと伊藤くんは、小学校も同じで共にサッカークラブに所属し、一緒に図書委員を務めていた。幼なじみでもあった2人だが、同級生によれば「友人の1人だが、親友というわけではなかった」という。

 中学に進学後、表立って関係に変化はなかったようだが、Aは“怒り”を沸々とたぎらせていたとみられている。

「事件のあった3年時は別のクラスでしたが、去年は同じクラスだった。そのとき、Aは給食当番だった伊藤くんから箸をなかなか渡してもらえなかったり、生徒会役員選挙に立候補した伊藤くんから応援演説を依頼されて“断れなかった”など、不満を募らせていた、と供述しています」(前出・捜査関係者)

 Aは逮捕後の取り調べに、「やりたくないことをなんでもやらされて、うっとうしいと思っていた」「友人と話しているときに、(伊藤くんが)割って入ってくるのが嫌だった」など、伊藤くんからいじめを受けていたという趣旨の供述をしているという。

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト