スポーツ

日本ハム、新庄フィーバーの裏で「ルール違反」 人材不足で後手に回る対応

球団のスタッフ不足が原因?(写真/共同通信社)

球団の人材育成が原因?(写真/共同通信社)

 日本シリーズが終わり、オフに入った球界は、日本ハムの新庄剛志新監督の話題で持ちきりだ。自身のインスタグラムでファンに向けて〈みんなBBはやめて〉と、愛称の「ビッグボス」を略さないよう要望しただけで、スポーツ紙各紙がニュースにする状況だ。

「新庄監督のネット記事はアクセスが飛び抜けていて、大谷翔平と並んでスポーツ紙の救世主です。あるスポーツ紙は“なんでもいいから新庄監督で毎日記事を作る”という方針で、24時間体制で記者がインスタやツイッターをチェックしています」(スポーツ紙デスク)

 ビッグボスフィーバーの一方、球団は看過できないトラブルを起こしていた。

 11月26日、日ハムは今オフに自由契約にした6選手と新たに育成契約を結んだ。昨オフ、巨人が2019年ドラ1の堀田賢慎をわずか1年で育成契約にするなど令和の球界では「育成再契約」は見慣れた光景だが、今回の日ハムの契約は前代未聞の“ルール違反”だった。

「NPBのルールではトライアウトが終わるまでは自由契約になった選手と契約できません。実際には契約更改の場で自由契約を告げる際に、球団から育成契約を打診しますし、選手も受けるかどうかの意向を示しますが、建前上、契約締結はトライアウト後。スポーツ紙も〈再契約の見込み〉としか書きません。しかし、今回、担当記者に配られたリリースには、はっきりと再契約後の背番号まで記載されていたので、広報がルールを理解していなかったのでしょう」(日ハム担当記者)

 ただちに、日ハムは火消しに奔走する。広報は各社の担当記者に〈まだ6選手と育成選手契約を締結しておりませんでした〉〈ネット記事等で配信されている場合はお手数ですが、削除をお願いいたします〉とメールを送っている。

「契約締結をネットで配信していたあるスポーツ紙は記事を取り消す代わりに、日ハムが発表を取り消したことを記事にして配信しました。しかし、この記事すらも球団からのお願いで削除することになりました」(同前)

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン