国内

「トー横キッズ」の少女を売りさばく歌舞伎町・悪徳スカウトの手口

「トー横キッズ」の少女たちをビジネスにする勢力が…

「トー横キッズ」の少女たちをビジネスにする勢力が…

 11月27日、歌舞伎町の雑居ビル屋上で18~26歳の少年4人が43歳の男性に暴行を加え、死亡させる事件が発生した。4人は12月5日までに警視庁により逮捕されたが、犯人グループが歌舞伎町「新宿TOHOビル」周辺で日常的にたむろする“トー横キッズ”の一員であったことが報じられ、その存在は急速に拡散された。

 2018年時点からトー横キッズの初期メンバーと交流をしていたという、ライターの佐々木チワワ氏が語る。

「トー横キッズはもともと、SNSのハッシュタグ『#自撮り界隈』『#裏垢男子』などをつけて自撮りの写真や動画を投稿する、10代の男女を中心としたコミュニティでした。帰る場所がなくお金もない少年少女が多いので、路上でたむろすることになるのですが、そこに歌舞伎町のスカウト、営業時間外のホストも合流したことで、“トー横”は混沌とした路上飲みの場所となったのです」

 未成年飲酒、市販薬のオーバードーズ(過剰摂取)、暴力事件など様々な犯罪や非行が話題に上がるが、少女が援助交際や管理売春に巻き込まれることも、トー横キッズを取り巻く現実のひとつだ。

「トー横に座り込む明らかに未成年の少女に、中年男性が『君いくら?』と声をかけ、そのまま一緒にラブホテル街に消えていくこともありました」(佐々木氏)

 トー横キッズを自称する少女のAさん(17)に話を聞くと、マッチングアプリを用いて少女を援助交際に斡旋する、悪徳スカウトの巧妙な手口が明らかになった。

「トー横で知り合ったスカウトの人が、女性名義でアプリに登録しているんです。アプリで知り合った男性にメッセージ上で“実は私より可愛い子がいるんだけど、紹介するから選んで?”と、私を含む複数名の女の子の写真を見せていると聞きました。そこで私が選ばれるとスカウトの人から場所と報酬金、服装のオーダーなどの連絡が入るんです。その後、所定の場所に行き、マッチングした男性に会います」(Aさん)

 2003年以降施行されている「出会い系サイト規制法」により、マッチングアプリには18歳未満の使用禁止という年齢制限がある。悪徳スカウトはマッチングアプリを使用する男性をターゲットに、未成年の売春を斡旋していることになる。

 12月4日深夜には、歌舞伎町で17人の未成年の少女が私服警官によって一斉に補導されるなど、警視庁は取り締まりを強化している。未成年の不幸な非行を防ぐために、社会全体が彼らの非行理由を改めて考える必要があるだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン