芸能

田中邦衛さん、共演者が語る秘話「クニさんのいる現場は笑いが絶えなかった」

彼らをけっして忘れることはない(時事通信フォト)

ロケ先の北海道・富良野では、地元の人たちにも自然体で接し、“クニさん”と慕われていた(時事通信フォト)

 2021年はテレビで、本で、歌で……私たちを励まし楽しませてくれた著名人の訃報が相次いだ。人々に勇気や笑顔、そして、幸せを届けた彼らは、どんな言葉を残したのか。在りし日をよく知る人に、思い出に残る秘話を語ってもらった。

 代表作『北の国から』(フジテレビ系・1981年~)で、故・田中邦衛さん演じる黒板五郎と恋仲になるホステス・こごみを演じた児島美ゆき(69才)。田中さんとは、「クニさん」「美ゆき」と呼び合う仲だった。

「クニさんのいる現場は笑いが絶えなかったですね。映画『トラック野郎 一番星北へ帰る』(1978年)で、初めて共演しましたが、きちんとお話をするようになったのは、『北の国から』の頃。

 ロケ現場では、ドラム缶で焚いた火で暖を取りながら、いつもスタッフと冗談を言って、ニコニコとされていましたね。

 私にもテレビで見るのと同じ調子で、『おーい、美ゆき~』と朗らかに声をかけてくれて。

 ロケ地の富良野では、五郎さんの格好のまま、ふらっと町に出かけては、『どこかのお店に(被っていた)ニット帽を忘れてきた~』なんて、茶目っ気たっぷりに言って、スタッフをハラハラさせたこともありました。

 第一線で活躍されていても威張ることなく、誰にでも分け隔てなく気配りできるかた。スタッフの結婚式にも出席されていたようです」(児島・以下同)

 児島は田中さんの人柄を語る上で忘れられないエピソードがあるという。

「これは『北の国から』にも出演していた女優の友人から聞いた話ですが、スナックのママ役を演じていた彼女は、現場で何度も監督からせりふのダメ出しをされていました。何十回もせりふを言い直して、すっかり自信をなくしていたときに、クニさんは、彼女の背中をポンポンと叩きながら、『おーい、元気出せよ。大丈夫だよ、大丈夫だよ。監督もあんなふうな言い方をしてるけど、いいんだよ、気にするなよ』と声をかけてくれたそうです。その話を聞いて、その言葉に私も救われたような気持ちになって、思わず涙が出ました」

シリーズのスタート

『北の国から』シリーズも記念すべきスタート。あどけなさが残る純と螢をみる顔つきは父そのもの

 脚本家の倉本聰さん(86才)も田中さんには絶大な信頼を寄せていたという。

「五郎さん役は、クニさんのほかに、4人ほどの候補がいたそうですが、倉本先生はクニさんでなければ『北の国から』はなかった、といつもおっしゃっていました。クニさんが施設に入られてから、一度、倉本先生はお見舞いに行かれて、そのときも、『クニさんはおれのことはわかってくれたんだよ』と、喜んでいたと聞きました。

 クニさんのことを悪く言う人は本当に誰もいません。褒め殺しみたいで、悪口の一つや二つも言いたいのに(笑い)。優しくしていただいた思い出しかない。あんなに共演者からもスタッフからも愛された人は、なかなかいらっしゃいませんね」

【プロフィール】 児島美ゆき/2019年『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)に出演のほか、歌手としても活躍。

※女性セブン2022年1月6・13日号

『北の国から』で印象深かったのが、いかだ下りのシーンだという

『北の国から』で印象深かったのが、いかだ下りのシーンだという 児島美ゆき

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン