田中邦衛一覧

【田中邦衛】に関するニュースを集めたページです。

『北の国から』で黒板五郎を演じた故・田中邦衛と、『サンクチュアリ』で主人公の父親役を演じたきたろう(時事通信フォト、ASH&Dホームページより)
【ドラマが描く貧困】『北の国から』2万円、『サンクチュアリ』は5000円…激減した親から子への餞別 貧乏主人公ドラマの変化の背景
 生い立ちの貧しさに負けず、艱難辛苦の果てに成功を掴む──。古今東西、あらゆるジャンルの作品で取り入れられてきた物語の定型だが、ドラマオタクのエッセイスト・小林久乃氏は、最近のテレビドラマが描く貧困の…
2023.11.03 16:00
NEWSポストセブン
高倉健さん、田中邦衛さんを偲ぶ北海道の“聖地” 利用者増加見込めず廃線に
高倉健さん、田中邦衛さんを偲ぶ北海道の“聖地” 利用者増加見込めず廃線に
 果てしなく続く大草原の真ん中を、単線の線路がまっすぐ延びる。その上を、電車が滑るように走っている。季節が変わり、一面の雪景色。白銀の世界を割るように進む車両は、1両編成とは思えないほどパワフルだ。北…
2022.02.05 07:00
女性セブン
田中邦衛
追悼2021・男性編【1】 田中邦衛さん、田村正和さんなど忘れられない人たち
 この国がまだ若々しかった時代から、芸と技で私たちを元気づけてくれた。今なお輝きを放ち続ける男たちを、けっして忘れることはない。2021年にこの世を去った、芸能界やスポーツ界で活躍した人々を振り返る。●栃…
2021.12.17 19:00
週刊ポスト
田中邦衛
田中邦衛さん、共演者が語る秘話「クニさんのいる現場は笑いが絶えなかった」
 2021年はテレビで、本で、歌で……私たちを励まし楽しませてくれた著名人の訃報が相次いだ。人々に勇気や笑顔、そして、幸せを届けた彼らは、どんな言葉を残したのか。在りし日をよく知る人に、思い出に残る秘話を…
2021.12.17 16:00
女性セブン
小さな家族の大きな愛の物語だった(FODホームページより)
『北の国から』放送開始から40年 当時、なぜ視聴者は魅了されたのか
 ドラマ『北の国から』(フジテレビ系。原作・脚本は倉本聰)が放送開始40周年を迎えた。1981年10月から半年にわたってオンエアされた連続ドラマは全話平均視聴率14.8%、終盤になって数字が上がっていき、最終回…
2021.10.10 16:00
NEWSポストセブン
「屈辱がエネルギーだ」の真意とは
永島敏行 高倉健さんからの「屈辱がエネルギーだ」の言葉に受けた感銘
 映画史・時代劇研究家の春日太一氏による、週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優の永島敏行に、高倉健さん、田中邦衛さんと共演した思い出について語った言葉を紹介する。 * * * 永島…
2021.08.31 16:00
週刊ポスト
田中邦衛さんの印象的な言葉を振り返る
田中邦衛さんの脇役魂「つまんない役に光をあててヴィヴィッドに」
 映画史・時代劇研究家の春日太一氏による、週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、2021年3月に亡くなった俳優・田中邦衛さんの過去インタビューから、脇役について語った言葉を紹介する。 * * …
2021.07.21 16:00
週刊ポスト
岩城滉一が明かす「田中邦衛さんとの最後の日」と「北海道移住計画」
岩城滉一が明かす「田中邦衛さんとの最後の日」と「北海道移住計画」
 今年3月、日本中が悲しみに暮れた田中邦衛さん(享年88)の訃報。田中さんの代表作といえば1981年から2002年まで放送された『北の国から』(フジテレビ系)だが、同作でまっすぐに生きる農家の青年・草太を演じた…
2021.06.22 07:00
女性セブン
岩城滉一が語る田中邦衛さんの思い出「本当に家族として接してくれた」
岩城滉一が語る田中邦衛さんの思い出「本当に家族として接してくれた」
 今年3月に亡くなった田中邦衛さん(享年88)の代表作といえば、ドラマシリーズ『北の国から』(フジテレビ系)だろう。離婚を機に東京から故郷の富良野に戻ってきた黒板五郎(田中さん)と、幼い子供、純と螢。電…
2021.06.21 07:00
女性セブン
田中邦衛さんの悲願だった『北の国から』40周年“同窓会”富良野で開催
田中邦衛さんの悲願だった『北の国から』40周年“同窓会”富良野で開催
 往年のファンにはうれしい知らせが飛び込んできた。1981年の放送開始後、北海道を訪れる人が急増するなど、社会現象にもなったテレビドラマ『北の国から』(1981~2002年、フジテレビ系)。放送開始から40年を迎…
2021.06.20 07:00
女性セブン
『日本一の若大将』(1962年)(C)TOHO OC., LTD.
加山雄三の追憶「田中邦衛さんがいたから“若大将”は輝けた」
 その唯一無二の存在感で、時に朴訥な父親、時に狡猾なヤクザなど幅広い役柄を演じてきた俳優の田中邦衛さんが3月24日に亡くなった(享年88)。『網走番外地』『仁義なき戦い』『北の国から』はじめ多くの作品で活…
2021.04.17 16:00
週刊ポスト
シリーズのスタート
追悼・田中邦衛さん 唯一無二だった「不器用で憎めない人間くささ」
 映画『若大将』シリーズやドラマ『北の国から』で人気を博し、日本を代表する名優であった田中邦衛さんが、この世を去った。約65年間もの役者人生で残した数々の作品では、時にバイプレーヤーとして、時に主演と…
2021.04.16 16:00
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小室圭「録音テープ騒動」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小室圭「録音テープ騒動」ほか
 4月16日発売の「週刊ポスト」は、猛威を振るうコロナ第4波にあえぐ日本で、追い討ちをかけるように降りかかる外交、政治、経済、生活のリスクを徹底的に検証するスクープ情報、実用情報の満載号です。コロナが蔓…
2021.04.16 07:00
NEWSポストセブン
児島さん提供の貴重な「五郎とこごみ」の恋人ショット
田中邦衛の“恋人”児島美ゆきが語る「高倉健さんとの縁結び」
 田中邦衛(享年88)が亡くなり、多くの芸能関係者から追悼の辞が寄せられているが、なかでも特別な思いで悼んでいるのが女優の児島美ゆきだ。田中の代表作『北の国から』では、田中演じる黒板五郎と恋仲になるホ…
2021.04.16 07:00
NEWSポストセブン
田中邦衛さん、消えた9年 『北の国から』とは異なる家族の真実
田中邦衛さん、消えた9年 『北の国から』とは異なる家族の真実
 ドラマ『北の国から』では、大自然の中で家族と共に強く生き、本当の豊かさとは何かをわれわれに伝えてくれた。主人公・黒板五郎のように「無骨で人間臭い」、そんな人だと世間は思っていただろう。しかし、俳優…
2021.04.09 11:00
女性セブン

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン