• TOP
  • 国内
  • 家庭を壊す「相談女」の恐怖 「男性を夢中にさせたらもう満足」

国内

2021.12.22 16:00  NEWSポストセブン

家庭を壊す「相談女」の恐怖 「男性を夢中にさせたらもう満足」

男性側は初めは“善意”のつもりでも…(イメージ。Getty Images)

「2人きりの場」に誘ってくる女性には要注意(イメージ。Getty Images)

 愛妻家で知られるアルコ&ピースの平子祐希(43)とタレントの小林礼奈(29)が4年ほど前にホテルで密会していたことが報じられ、話題となった。その騒動を報じた『女性セブン』が本人たちに直撃したところ、小林が当時の夫である流れ星☆の瀧上伸一郎との関係に悩むあまりパニック状態になり、先輩芸人である平子を頼ってホテルに呼び出したと主張。平子自身も「不倫は絶対にありません」と断言しており、この一件については平子の妻も把握していたようだ。

 騒動を受け、ネット上では「典型的な“相談女”だ」という声が噴出した。“相談女”とは、「相談」を持ちかけるふりをして男性に接近する女性のこと。パートナーのいる男性にまで近付いて、カップルを不仲にさせたり、不倫に発展したりするケースもあるという。今回の件では平子夫妻に亀裂が生じてもいないが、既婚者である平子をホテルに呼んだという小林の行動が、“相談女”を彷彿させたのだろう。

“相談女”の言動とは一体どんなものか? 相談をきっかけに上司と不倫関係になった経験のある女性が証言する。

「初めは本当に仕事の相談をしていたんですが、優しく話を聞いてもらっているうちに、だんだん相談というのは口実になってきました。もはや相談するためのネタをひねり出す感じで、仕事と全然関係ない話をしていました。『彼氏と別れそう』とか『家族仲が悪い』とか(笑)。

『他の人には聞かれたくない話なんです』と言えば、上司のほうも『それだけ自分は信頼してもらえるのか』とまんざらではなさそうでしたし、2人きりの場に持ち込みやすいです。そもそも部下や後輩に『相談したいことがある』と言われて無下にはできませんよね。“相談”は最強のテクニックですよ!」(かつて“相談女”だった女性)

 会員1万3000人を超えるコミュニティサイト「恋人・夫婦仲相談所」の所長・三松真由美氏は、「“相談女”のせいでカップルや夫婦の関係に亀裂が入るケースは本当に多いです」と語る。

「パートナーがいて幸せそうな男性をわざわざ狙い撃ちする、悪魔的な相談女もいます。彼女たちの多くは、女友達が少なく、仕事でも成果を出せず、それでも承認欲求を満たしたくて男漁りをしている。男性を憂さ晴らしに使っているだけなので、そこに本当の恋愛感情はありません。ターゲットを自分に夢中にさせて、肉体関係にまで持ち込めば満足。次のターゲットにさっさと移り、あとは危機に陥ったカップルや夫婦だけが残されます」(三松氏、以下同)

関連記事

トピックス