国際情報

2022年、国際社会の最大イシューはウクライナ 第3次大戦の引き金にも

ウクライナに対するロシアの動向に注目が(EPA=時事)

ウクライナに対するロシアの動向に注目が(写真/EPA=時事)

 2022年は岸田政権の外交手腕が大いに問われる1年となりそうだ。米国と中ロの「東西新冷戦」が極めて深刻化し、日本が直面する課題とは何か、手嶋龍一(外交ジャーナリスト)、谷口智彦(慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科教授)、佐藤優(作家、元外務省主任分析官)の3氏が座談会を行った。【全3回の第1回】

佐藤:目下、日本メディアは2022年の外交問題として北京冬季五輪の“外交的ボイコット”に大きな関心を寄せていますが、完全にプライオリティを間違えている。最大のイシューはウクライナです。プーチンは国境付近にロシア軍を集結させており、これは第3次世界大戦の引き金となるかもしれない話なんです。

手嶋:日本では、中国の台湾侵攻に関心が集まっていますが、問題の核心は、欧州で生起しているウクライナ危機と東アジアに持ち上がっている台湾危機が、水面下で深くリンクしていることです。「習近平の中国」と「プーチンのロシア」が連携して動けば、米国は二正面作戦を強いられる。これは“悪夢”と言えます。すでにチャタムハウス(英王立国際問題研究所)では真剣に議論されていますが、日本はあまりに呑気な気がしますね。

谷口:“黒い白鳥”が現われる時は、何羽も出てくると思っておいたほうがいいですね。ウクライナと台湾海峡。複数正面をつくることは中ロにとって好都合でしょうから。

手嶋:その上、現代では戦争の形態も刻々と変化しています。湾岸戦争ではサダム・フセインが主権国家クウェートを踏みにじり、アメリカを中心に多国籍軍がイラク軍を駆逐して主権を奪還した。しかし、ウクライナにはロシア人が数多くいて、台湾にいるのも中国人です。国家の線引きは曖昧にならざるをえない。中ロは、主観的には「自分の国」だと主張しているのだから厄介です。

佐藤:そこなんです。今、ウクライナ東部には、親ロシア派武装勢力が実効支配する地域がありますが、そこに住む人たちはロシア語を話し、ロシア正教を信じ、自分たちを“ロシア人”だと思っている。ウクライナのゼレンスキー大統領はここを取り戻したいが、プーチンから見ればそれを許すと“国民”を見捨てることになり、政権が崩壊する。プーチンが求めるのは親ロシア派による実効支配の現状維持。ですが、それを認めれば国土の実効支配を諦めたゼレンスキーの政権が崩壊する。双方の“命”がかかっている問題なんです。

手嶋:一方で、ウクライナ西端の街リヴィウは“ウクライナ・ナショナリズム”の策源地なんです。反ロシア派の聖地といっていい。市場ではプーチンの顔を刷ったトイレットペーパーが飛ぶように売れていました。一方、東端のドンバス地方などにはロシア人が多く住んでおり、その点で、かつてナチス・ドイツへ割譲された「ズデーテン地方(※注)」と構図がよく似ています。その意味でも第3次世界大戦の芽をはらんでおり、軽んじるべきではありません。

【※注/旧チェコスロバキアの一部。第2次世界大戦直前、ヒトラーがドイツに編入】

(第2回につづく)

【プロフィール】
手嶋龍一(てしま・りゅういち)/1949年生まれ、北海道出身。慶應義塾大学経済学部卒。NHKワシントン支局長などを歴任。『ウルトラ・ダラー』など著書多数。

谷口智彦(たにぐち・ともひこ)/1957年生まれ、香川県出身。東京大学法学部卒。日経BP社などを経て、安倍政権の官邸での内閣官房参与などを歴任。

佐藤優(さとう・まさる)/1960年生まれ、東京都出身。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『自壊する帝国』など。

※週刊ポスト2022年1月14・21日号

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン