芸能

『鎌倉殿の13人』で注目の坂東彌十郎 デビューを阻んだ「高すぎる身長」

主人公・北条義時の父、時政役の坂東彌十郎

主人公・北条義時の父、時政役の坂東彌十郎

〈時政パパ、めっちゃいいキャラしてる〉、〈この役者さん何者だ〉、〈誰だか知らないけど存在感がすごい〉──1月9日にスタートしたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、放送直後からSNS上で話題になったのが、小栗旬(39)演じる主人公・北条義時の父、時政役の坂東彌十郎(65)だった。

「初めてこの役者を見たという視聴者も多かったようですが、歌舞伎界では知る人ぞ知る名役者。ファンからは“やじゅさん”と親しみを込めて呼ばれています」

 そう話すのは、演芸誌のベテラン記者だ。

 父は映画『地獄門』(1953年)やNHK大河『源義経』(1966年)など数々の時代劇に出演した歌舞伎役者の坂東好太郎。彌十郎も幼い頃から父の舞台を見て歌舞伎の世界に憧れたが、思うような活動ができなかった。

「原因は高すぎる身長です。現在も183cmと歌舞伎界随一の高身長ですが、幼い頃から周囲より頭一つ出ており、子役として使えなかったんです。初舞台は17歳で、これは歌舞伎役者としてはかなりの遅咲き。本人も“最大の敵は自分の背でした”とよく話していた」(演芸誌ベテラン記者)

 その後、縁あって3代目市川猿之助(現・猿翁)の元で修業を積み、「スーパー歌舞伎」で人気者に。主役を支える脇役から敵役まで幅広い役柄ができる貴重な存在として、数々の舞台に上がった。

「特に彌十郎さんを重用したのが、今は亡き18代目中村勘三郎さんと10代目坂東三津五郎さん。3人は幼馴染みで、歌舞伎界でも戦友のような存在でした。彌十郎さんの人気が高いのは、勘三郎さんと三津五郎さんを見守った“濃いファン”がついているからです」(同前)

 ちなみに『鎌倉殿』の脚本の三谷幸喜とは、2019年に初仕事をこなしている。三谷が作・演出した歌舞伎『風雲児たち』に彌十郎が出演。

「江戸時代に伊勢国からロシアに漂流した日本人団の一人を演じ、その芝居に三谷さんが胸打たれた。この縁で大河への出演が決まったのです」(歌舞伎関係者)

 大ブレイク待ったなし。

※週刊ポスト2022年1月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン