ライフ

今年最初に買うべきコスメ 達人のおすすめは「わかりやすい色モノ」

指先を明るく彩るTHREEの『ネイルポリッシュ 131』

指先を明るく彩るTHREEの『ネイルポリッシュ 131』

 ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未さんが、オトナのための美容情報を紹介。今回は、指先を明るく彩るネイルを教えていただきました。

 * * *
 年が改まると、気分も新たにニューコスメが欲しくなったりしますよね? 「何がいいかな?」と迷っている人も多いと思いますが、私がおすすめするのは、「わかりやすい色モノ」です。効果が高いし、気分もアガりますよ!

 なんとなく、ではなくはっきり色が出るものの方が、私たち大人には使いやすく、こなしやすい。コツはできるだけ範囲を狭く、ポイント的に使うことです。そうなると、アイテムはネイルかアイライナーに絞られます。なので、今回はネイルをおすすめしますね!

 今春のネイルの流行は、「ちょっとグレイッシュなパステルカラー」。パステルなんだけど白っぽすぎず、ややグレーがかったきれい色。ピンク、イエロー……とカラーも豊富に出てますが、なかでも注目なのはクリアなブルー系。「えっ!? こんな色?」って思うかもしれませんが、実は、大人の肌にもしっくりなじむんです。青みが大人の黄ぐすみ肌に透明感を与え、爪に塗ると差し色としてモダンに決まるの。私のイチオシはTHREEの『ネイルポリッシュ 131』です。

 塗り方にもちょっとしたコツがあります。こういうはっきりした色って、爪にきっちりきれいに塗らなくちゃ、って思いがち。でも実は、ペイントするみたいにシャッとラフに塗ってもOK。くっきりした色だからこそ、中央にライン状に塗るだけでもデザインぽく仕上がります。そう考えると、気楽に塗れるでしょ? 

 先がはげちゃったりしたら、そのときは上から重ね塗りします。こういう濃い色は重ねても色の差が目立たないから、3回くらいは重ね塗りでいけますよ。

 私も使ってますが、想像以上に肌をきれいにみせてくれるので、ブルーのネイルは新鮮でした。今春は質感のニュアンスも豊富に出ていますから、ぜひ、ポイントにしてみてください!

【プロフィール】
山本浩未(やまもと・ひろみ)/ヘア&メイクアップアーティスト1964年生まれ。「今すぐ実践できる」を発信する、メイクの第一人者。

※女性セブン2022年2月3日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン