なぜこうも杜撰な金遣いができるのか…(時事通信フォト)

なぜこうも杜撰な金遣いができるのか…(時事通信フォト)

 批判する側がかかりがちなのが「もったいないに振り回される病」。もちろん、食べ物や備品などを無駄にしない心がけは大切です。しかし「もったいない」という言葉はけっこう危険。本当の意味で有効かどうかはどっちでもよく、そう唱えることで自分を正義の側に置き、いいことを言っている陶酔感を味わわせてくれます。

 一時期、コピー用紙は一回コピーや印刷をしたあと、もう一回裏側も使うのが「地球にやさしい望ましい行為」という認識が広まりました。しかし、メーカー側は、いわゆる「裏紙」を使うと紙詰まりの可能性が格段に高まり、トータルでは無駄が増えると警鐘を鳴らし続けています。実体験としても、たしかに詰まりやすいですよね。

 ところが、私たちは「もったいないから」と、つい裏紙を使ってしまいます。会社でもいったん「裏紙を使いましょう」というお触れが出ると、ひとりひとりは「使わないほうがいいのに」と思っていても、なかなか撤回されません。これも「責任を取りたくないという病」と「もったいないに振り回される病」の影響です。

 政府が「アベノマスクの一括廃棄」を決断できない背景には、この「3つの病」があると言っていいでしょう。政府もですが、私たちが同じ病を抱えていることも無関係ではありません。「アベノマスク」をめぐる一連のドタバタを眺めつつ、胸に手を当てて己を省みるきっかけにさせてもらいましょう。

 今後、一種の奇跡が起きて、政府が「やっぱりお金がかかるので全部廃棄します」と方針を変えたときには、自己満足のための批判に精を出すのではなく、素直に拍手を送りたいところ。ひとりひとりの心がけで、広くまん延している「3つの病」を追っ払いましょう。こっちの予防には、マスクの有無や種類は関係ありません。わかりやすい戒めを与えてくれるという意味では、むしろ「アベノマスク」の出番です。

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン