国内

少女淫行で逮捕の自称「トー横の王」 SNSで誘い込むオレ様な手口

犯罪の温床となっている「トー横」界隈

今回の事件は、さまざまな少年少女が集まる「トー横」界隈で起きた

 東京・新宿の歌舞伎町界隈で、「やっと捕まったんだ」といった声があちこちから聞こえてくる。1月28日、警視庁少年育成課は、中学1年生の少女(13)とラブホテルでみだらな行為をしたとして、住所不定無職の水野泰宏容疑者(24)を青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕した。

 水野容疑者はSNS上で「雨宮ただくに」を名乗り、歌舞伎町に集う若者の間では有名人だったという。

「歌舞伎町の複合施設、新宿東宝ビルの横でたむろする少女たち、通称『トー横キッズ』のカリスマで、自ら“トー横の王”を自称していました」

 そう語るのは、歌舞伎町に詳しいライターの佐々木チワワ氏だ。

「水野は2018年頃からトー横で踊る動画をSNSに投稿して、知名度を上げていきました。やってることはただ踊ってるだけなんですけど、ツイッターやTikTokでの拡散力がすごくて、いつのまにかアイドルみたいになっていた。

 トー横はネットカルチャーと密接で、コミュニケーションもSNSありき。お互いハンドルネーム(ネット上の名前)で呼び合う文化なので、SNS上の存在感がそのままリアルに反映されやすいんです。特に水野は『俺は王だ』とか目立つ発言ばかり投稿していたので、注目を集めやすかった」(佐々木氏)

 水野容疑者がトー横キッズを口説く手口も、SNSを介したものだったという。全国紙社会部記者が語る。

「投稿した動画に『いいね』をつけた女の子に、直接ダイレクトメッセージを送るのが彼のやり方です。『かわいいね』『会おうよ』とメッセージを送るんです。トー横界隈では有名人なので、少女たちもアイドルに会うような感覚で付いて行ってしまう。複数の少女たちが取り巻きのようにいた」

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン