ライフ

【新刊】芥川賞受賞、格差社会のリアルを描く『ブラックボックス』など4冊

book

「ちゃんとする」ってどーいうことだ?格差社会のリアルを熱量高く描く公務員作家

 まだまだ冬の寒さが続くこの時期。温かい部屋で読書を楽しむのはいかがだろうか。この冬に読みたい、おすすめの新刊4冊を紹介する。

『ブラックボックス』
砂川文次/講談社/1705円
メッセンジャーの仕事も通常に戻った緊急事態宣言明け、28才の佐久間はベンツを避け自転車ごと倒れる。社会保障などない裸の個人事業主の佐久間はこれまで自衛隊や不動産屋など職を転々としてきた。妊娠した円佳が言う。ちゃんとしようよ。が、「すがすがしい」暴行事件で佐久間は麦飯生活に。この転調が鮮やか。3度目のノミネートで芥川賞を受賞。熱量の高さに共振する。

book

囚われの官兵衛、獄中で名探偵に。忠実と本格ミステリーの融合に目を瞠る

『黒牢城』
米澤穂信/KADOKAWA/1760円
年末のミステリー国内部門の第1位を軒並みさらい、年明けには直木賞も受賞した評判作。信長に逆らい、有岡(伊丹)城にたて籠った荒木村重は、秀吉の使者・黒田官兵衛を地下に幽閉する。その四季の間に起こる不可思議な事件。それらを葡萄の各粒とすると、房になったときの謎もあるという二段構え。戦国の世の習いを描く部分はまるで針の心理小説。文章の密度が素晴らしい。

book

考古学会の論争の軌跡も俯瞰。縄文と弥生の物質&精神文化に分け入る

『縄文vs.弥生 先史時代を九つの視点で比較する』
設楽博己/ちくま新書/1012円
縄文は採集や狩猟で資源を共有した共同体。稲作を始めた弥生は集団労働と貯蔵でヒエラルキー型社会を作った。つまり現代の祖型は弥生時代にあると、まあ、こんな雑な先入観を持っていた。しかし縄文と弥生に明確な区分がある訳ではない。そのグラデーションを祖先祭祀、動物表現、土器など9の視点から論じる。縄文土器に「深海」を見た岡本太郎の感性にハッとさせられる。

book

イズミの恋を見守る水槽の中のユキ。解説は人気ブロガーの「めしょん」さん

『ぷくぷく』
森沢明夫/小学館文庫/902円
タイトルはユキの呼吸音。頭の一部が白いことからイズミにユキと名付けられた金魚の「琉金」は水槽の中から外の世界を見つめ続ける。野良の黒猫、突き当たりのコーヒースタンドとアルバイトの青年、男物の傘をさして帰宅するイズミ、窓辺に置かれたパンジーの鉢植え、失恋したイズミの元に駆けつける親友チーコ。若い世代の心に響きそうなハッピーエンドのファンタジー。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年2月17・24日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン