国内

阿佐ヶ谷姉妹が旧来型とは異なる幸せを提示 不安のつきぬ世に理想のふたり暮らし

阿佐ヶ谷姉妹が見せる独特の世界観

阿佐ヶ谷姉妹はラジオとテレビのレギュラー本数が週5本を超える人気ぶり(写真/時事通信フォト)

 現在放送中のドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)での松嶋菜々子(48才)の演技が話題になっている。

「あらアナタ、水難の相が出てるわよ! 一体、何のお仕事していらっしゃるの?」

 同じマンションに引っ越して来た男性にぐいぐい迫る、チリチリのソバージュで奇抜なファッションに身を包んだアラ還おばさんの姿に、多くの視聴者たちは度肝を抜かれた。なぜならその正体が、「きれいなおねえさんは、好きですか」のCMで一世を風靡し、『やまとなでしこ』(フジテレビ系)などあまたのドラマで主演を張ってきた松嶋だったからだ。

 かつて「うるさい」「おせっかい」と陰口を叩かれることも多かった“おばさん”だが、今やそういったイメージも変化。うるさくておせっかいな彼女たちと入れ替わるようにして現れたのが、阿佐ヶ谷姉妹に代表される、朗らかで爽やかな新しいおばさんだ。

「穏やかでユーモラスな、芸風はもちろん、注目を集める大きな理由は阿佐ヶ谷姉妹のライフスタイルにあると思います」そう指摘するのは文筆家の岡田育さん。岡田さんは古今東西のおばさんを研究し、その定義を再構築したエッセイ『我は、おばさん』として著した。阿佐ヶ谷姉妹の2人に血縁関係はないが、かつては6畳一間に同居、いまは同じアパートの隣同士に住み、部屋を行き来する仲だ。

「ひと昔前なら『いくら芸人とはいえ、女2人が結婚もせず身を寄せ合って暮らすなんて、ああはなりたくないよね』と言われたはずです。だけど令和の世の中は、その価値観が逆転している。結婚しても離婚するかもしれないし、子供を産んで育てられるかどうかも不安。自分の老後もまったくイメージできないと話す10代や20代の若者は非常に多いです。

 だから阿佐ヶ谷姉妹のように、心を許し合えるような同性の友達とおかずを分け合って暮らせればそれが幸せなのではないかと考える。彼女たちに憧れるのは若い世代だけではありません。

“おひとりさまの老後”を覚悟する60代や70代の既婚女性たちも『夫に先立たれたら阿佐ヶ谷姉妹みたいにして、女友達と一緒に暮らしたいわ』と口にする。結婚して家庭を持ち、猛烈に働く夫を支えるといった旧来型の幸福とは別の形の幸せを提示してくれたからこそ、彼女たちに人気が集まっているのだと思います」(岡田さん)

 同じくアラフィフのお笑い芸人で、現在はカナダに留学中の光浦靖子(50才)も多くの女性の支持を集めている。

「光浦さんは男性中心の日本のお笑い業界で、会社勤めでいえば管理職まで出世したような女性。そのうえで貯金から勉強、手続きまで準備を完璧にし、40代後半で海外へ羽ばたいた。いまの仕事でつらい思いをしながらも、いずれは自由に第二の人生を歩みたいと考える若い人からは、光浦さんの選択に勇気をもらったという話をよく聞きます」(岡田さん)

“おばさん”に学ぶべきものは多い。

※女性セブン2022年3月10日号

松嶋『となりのチカラ』で松嶋菜々子が演じた”占いおばさん”が話題

松嶋『となりのチカラ』で松嶋菜々子が演じた”占いおばさん”が話題

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト