芸能

「半畳歌手」と呼ばれた前川清 本職からリスペクトされる本物の歌声

高田文夫氏と同じ昭和23年生まれの前川清

高田文夫氏と同じ昭和23年生まれの前川清

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、同じ昭和23年生まれの前川清についてつづる。

 * * *
 同い年の人が元気だとこちらも勇気をもらって嬉しくなる。同じ昭和23年生まれ、73歳の前川清と会ったが若々しいのにびっくり。同い年には五木ひろし、谷村新司、そしてなんといっても沢田研二と揃って一線である。コロナ禍ではあるがみんな歌い続けていることが心強いのだ。

 以前テレビでやっていたクイズ「プロが選ぶ歌の一番うまい人は?」。

 プロの歌手たちが選んだのだから興味がある。女性部門はぶっちぎりで皆様の予想通りMISIA。男性部門はさすがと思わせる玉置浩二、そして前川清。雑誌のアンケートでも「自分の書いた曲を歌って欲しい人は?」に上位はほぼ前川清。桑田佳祐、福山雅治らを筆頭に本職たちからもリスペクトされている前川なのだ。私はコメディ部門として萩本欽一と組んだ「コント54号」に一票。あのおかしみの味わいは天下一品なのだ。

 ちょうど昨年の今頃、浜町の明治座で私の企画した東京喜劇公演を開催。田中美佐子とW主演で舞台をつとめてもらった。ドジなお殿様に爆笑した。そして今年も明治座で喜劇公演。前川清と藤山直美で人情喜劇『恋の法善寺横丁』と二部は前川清オンステージである。3月13日まで。

「去年の私のお芝居の時はあまり台詞も入ってなかったけど今回は?」「なに言ってんですか。相手はあの藤山直美さんですよ。キッチリ覚えないと。アドリブなんかありませんから」(本当か)。それよりも近頃は持ち歌の歌詞だってほとんど分からなくなってきたとトボける。「“そして神戸”なんかはコーベコーベって歌ってりゃゴマ化せるけどあとは分からないな」。

 吉幾三がラジオで言っていた。「前川さんは“半畳歌手”って昔は言われてたんだから。ステージなんか半畳ありゃいいんだから。ピタッと動かないんだから」そうは言うが私が見た限りよく移動している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト