国際情報

プーチン大統領の正体 父は戦争の英雄、本人は最強の少年、宝くじ的中も

(時事通信フォト)

「最強の少年」だったというプーチン氏(時事通信フォト)

 ロシア側がどう主張しようと、これは侵略戦争である。ウラジーミル・プーチン(69才)という男の尽きぬ野望が、東欧の長閑な人々の暮らしを、蹂躙し、焼き尽くさんとしている。何がこの男を突き動かすのか。ロシア本国ではタブーとされる“独裁者の秘密”に迫る。

 プーチン氏はソ連時代の1952年、バルト海に面した港町・レニングラード(現サンクトペテルブルク)で生まれた。終戦から7年後、まだ第二次世界大戦後の混乱期であった。

「父は激しい独ソ戦を戦い抜いた傷痍軍人で、周囲の尊敬を集めていた厳格な共産主義者だといいます。つまり、戦争の英雄です。プーチン氏には2人の兄がいたが彼が生まれる前に亡くなったそうです。戦後、父は鉄道車両工場で熟練工として働き、母も夜間警備員や清掃員の仕事をして家計を支えました。住まいは、20平方メートルほどのアパートだったとされます」(ロシア在住の日本人ジャーナリスト)

 ロシア当局やプーチン氏自身の“公式記録”によると、プーチン少年の武勇伝はすさまじい。

「プーチン氏本人は“私はストリートで育った荒くれ者だった”と誇らしげに語ります。侮辱する言葉を投げかけられると、どんなに年上で体が大きくても、すぐに飛びついて殴りかかり、引っかき噛みつき、相手の髪の毛をごっそり引き抜いたそうです。酔っ払った大人たちにからまれている市民がいたら、われ先に助けにいき、暴れる大人を次々に投げ飛ばした、という正義漢でもあったそうです」(前出・外信部記者)

 ロシア人としては小柄なプーチン氏が本当に“最強の少年”だったかどうかは疑問だが、彼の幼少期はまるで「神話」のように飾られている。

「ドイツ軍に900日も包囲された『レニングラードの戦い』で両親ともに無事で、自宅も失わずに済んだ。しかも、一家にはテレビも電話もあり、郊外には別荘まであったといわれています。アパートの中でも息子のプーチン氏の部屋が最も大きかったそうです。当時の荒廃したレニングラードでは信じられない、まるで奇跡のような家庭です」(前出・ジャーナリスト)

少年期のプーチン氏(写真/アフロ)

少年期のプーチン氏(写真/アフロ)

 やがてプーチン氏は、ソ連スパイが主人公の『盾と剣』という小説の影響を受け、ソ連の諜報機関「KGB」で働きたいという思いが募っていく。強くなるために、ロシアの格闘技「サンボ」や日本の「柔道」の修練に没頭。名門レニングラード大学の法学部に進学すると、大学時代はひとりで行動することが多く、勉学や格闘技の練習に励む傍ら、ドライブが趣味だった。当時、レニングラード大学で車を持っていた学生は、彼だけだったという。宝くじで当たった、のだそうだ。

 だが、それらのエピソードは、「大統領になるべくしてなった選ばれし男である」と印象づけるための“表向き”の生い立ちではないか、といぶかしむ人も少なくない。

※女性セブン2022年3月17日号

元妻・リュドミラさんと2人の娘と撮影した家族写真(写真/アフロ)

元妻・リュドミラさんと2人の娘と撮影した家族写真(写真/アフロ)

毎年恒例プーチンカレンダー 写真/アフロ

毎年恒例プーチンカレンダー(写真/アフロ)

森元総理と 写真/アフロ

森元総理と講道館(東京・文京区)を訪問(写真/アフロ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン