国際情報

プーチン大統領の正体 父は戦争の英雄、本人は最強の少年、宝くじ的中も

(時事通信フォト)

「最強の少年」だったというプーチン氏(時事通信フォト)

 ロシア側がどう主張しようと、これは侵略戦争である。ウラジーミル・プーチン(69才)という男の尽きぬ野望が、東欧の長閑な人々の暮らしを、蹂躙し、焼き尽くさんとしている。何がこの男を突き動かすのか。ロシア本国ではタブーとされる“独裁者の秘密”に迫る。

 プーチン氏はソ連時代の1952年、バルト海に面した港町・レニングラード(現サンクトペテルブルク)で生まれた。終戦から7年後、まだ第二次世界大戦後の混乱期であった。

「父は激しい独ソ戦を戦い抜いた傷痍軍人で、周囲の尊敬を集めていた厳格な共産主義者だといいます。つまり、戦争の英雄です。プーチン氏には2人の兄がいたが彼が生まれる前に亡くなったそうです。戦後、父は鉄道車両工場で熟練工として働き、母も夜間警備員や清掃員の仕事をして家計を支えました。住まいは、20平方メートルほどのアパートだったとされます」(ロシア在住の日本人ジャーナリスト)

 ロシア当局やプーチン氏自身の“公式記録”によると、プーチン少年の武勇伝はすさまじい。

「プーチン氏本人は“私はストリートで育った荒くれ者だった”と誇らしげに語ります。侮辱する言葉を投げかけられると、どんなに年上で体が大きくても、すぐに飛びついて殴りかかり、引っかき噛みつき、相手の髪の毛をごっそり引き抜いたそうです。酔っ払った大人たちにからまれている市民がいたら、われ先に助けにいき、暴れる大人を次々に投げ飛ばした、という正義漢でもあったそうです」(前出・外信部記者)

 ロシア人としては小柄なプーチン氏が本当に“最強の少年”だったかどうかは疑問だが、彼の幼少期はまるで「神話」のように飾られている。

「ドイツ軍に900日も包囲された『レニングラードの戦い』で両親ともに無事で、自宅も失わずに済んだ。しかも、一家にはテレビも電話もあり、郊外には別荘まであったといわれています。アパートの中でも息子のプーチン氏の部屋が最も大きかったそうです。当時の荒廃したレニングラードでは信じられない、まるで奇跡のような家庭です」(前出・ジャーナリスト)

少年期のプーチン氏(写真/アフロ)

少年期のプーチン氏(写真/アフロ)

 やがてプーチン氏は、ソ連スパイが主人公の『盾と剣』という小説の影響を受け、ソ連の諜報機関「KGB」で働きたいという思いが募っていく。強くなるために、ロシアの格闘技「サンボ」や日本の「柔道」の修練に没頭。名門レニングラード大学の法学部に進学すると、大学時代はひとりで行動することが多く、勉学や格闘技の練習に励む傍ら、ドライブが趣味だった。当時、レニングラード大学で車を持っていた学生は、彼だけだったという。宝くじで当たった、のだそうだ。

 だが、それらのエピソードは、「大統領になるべくしてなった選ばれし男である」と印象づけるための“表向き”の生い立ちではないか、といぶかしむ人も少なくない。

※女性セブン2022年3月17日号

元妻・リュドミラさんと2人の娘と撮影した家族写真(写真/アフロ)

元妻・リュドミラさんと2人の娘と撮影した家族写真(写真/アフロ)

毎年恒例プーチンカレンダー 写真/アフロ

毎年恒例プーチンカレンダー(写真/アフロ)

森元総理と 写真/アフロ

森元総理と講道館(東京・文京区)を訪問(写真/アフロ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
《大好評ドラマ》『アンメット』杉咲花を歌で支える女性アーティストたち 木村カエラらのCMはドラマと“最高のコラボ”
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン