芸能

『鎌倉殿の13人』登場 石橋静河と三浦透子に共通点“もう一つの顔”

次世代トップ女優の演技に注目が集まる(時事通信フォト)

次世代のトップ女優の演技に注目が集まる(時事通信フォト)

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の追加キャストが発表され、菅田将暉演じる源義経の愛妾・静御前を石橋静河、正妻・里を三浦透子が演じることが分かった。源頼朝(大泉洋)をめぐる北条政子(小池栄子)、八重(新垣結衣)、亀(江口のりこ)の三すくみバトルに続く“女の戦い”に期待が高まると、ベテラン芸能ライターが言う。

「頼朝をめぐる3人が今のトップ女優なら、義経を争う2人は、次世代のトップ女優候補として並び称される存在です。石橋さんはリバイバル版『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)の赤名リカ役などで見せた自由奔放な演技が魅力なので、義経を翻弄する静御前役はピッタリでしょう。

 一方、三浦さんは米アカデミー賞に作品賞でノミネートされた『ドライブ・マイ・カー』、朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』と話題作に立て続けに出演。大河と朝ドラを掛け持ちで出演するのは異例ですが、彼女は“カメレオン女優”と呼ばれるほど、作品によって演技が変わる。『鎌倉殿』で彼女が演じる義経の正室・里はこれまでほとんど知られてこなかった人物だけに、どんな演技を見せるのか楽しみです」

 ともに大河初出演となる2人だが、女優としてのキャリアは長く、経験面での不安はない。石橋はキャスト発表時のコメントで、「三浦さんとは、女同士の戦いが強烈かつコミカルに描かれていて、カットがかかると二人でつい笑ってしまうような、そんな明るい時間でした」と余裕を見せた。

 次世代トップ女優として並び立つ2人には、ある共通点がある。女優の他に“もう一つの顔”があることだ。

「石橋さんは幼少期からバレエダンサーを志し、海外への留学経験もある。その後、コンテンポラリーダンサーに転じ、ミュージシャンのPVやCMなどでキレのあるダンスを披露しています。

 一方の三浦さんは歌手としても活躍しており、アニメ映画『天気の子』(新海誠監督)では主題歌のボーカルに抜擢され、紅白歌合戦にも出場経験があります。ちなみに、『カムカム』で三浦さんが演じるのは主人公・ひなたの親友役ですが、そのひなたの子供時代を演じたのは新海監督の娘の新津ちせさんという縁もある。

 歌手として活動するという点では、義経役の菅田将暉さんも同じです。それぞれ演技以外のバックボーンがあるため、他の俳優とは違う唯一無二の個性が発揮されているのかもしれません」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン