芸能

追悼・西郷輝彦さん 自宅、家族、コンサート…写真で振り返る芸能生活

西郷輝彦

西郷輝彦さん(左)と元妻・辺見マリ(1972年の挙式)

 出棺のとき斎場は参列者たちの『星のフラメンコ』の歌声に包まれた──。2月20日、前立腺がんで亡くなった西郷輝彦さん(享年75)。晩年はがん闘病の日々を送り、最先端治療を受けるためにオーストラリアに渡るなど生きることを諦めなかった。75年の西郷さんの功績を『女性セブン』秘蔵写真とともに振り返ります。

西郷輝彦

爽やかなスーツ姿の西郷輝彦さん

●1968年 自民党にて
 西郷さん自身に政治家経験はないが、この年に自民党がスポンサーを務め、日比谷公会堂で開かれた「若人の歌」の発表会に出席。スーツ姿で颯爽と現れた。

西郷輝彦

西郷輝彦さんの自宅での貴重な一枚

●1969年 自宅にて
 東京の郊外に6000万円(当時)の自宅を構えるも、不便なことから都内の2LDKのマンションに移り住んだときに本誌の取材カメラが捉えた。自宅の中にカメラが入れた貴重な取材だった。

西郷輝彦

イタリアの歌手で女優のミルバさんとも共演

●1972年「西郷リサイタル」
 イタリアの歌手で女優のミルバさん(享年81)は、日本では『愛のフィナーレ』などのヒット曲で知られる。西郷さんとは、リサイタルで共演した。

西郷輝彦

ドラマ『どてらい男』の公開断髪式の様子

●1974年 ドラマ『どてらい男』
 若き成年モーヤンこと山下猛造が商売の世界で一旗揚げようとする物語で、最高視聴率は35.2%を記録。この作品のために、公開断髪式が行われ短髪の凜々しい印象に。

西郷輝彦

辺見えみりを腕に抱く西郷輝彦さん

●1977年 家族でお宮参り
 長女の辺見えみりを腕に抱きながら幸せいっぱいの表情。西郷さんは、2人の妻との間に1男4女を授かり、子宝に恵まれた。

西郷輝彦

長男でミュージシャンの辺見鑑孝(左)と

●2003年「西郷輝彦芸能生活40周年記念コンサート」
 節目のコンサートに“御三家”の1人である、舟木一夫が駆けつけた。また長男でミュージシャンの辺見鑑孝はピアノを演奏し、会場を沸かせた。

西郷輝彦

東日本大震災のチャリティーイベントに出席した西郷輝彦さん

●2011年「サンミュージック×サンシャインシティ 東日本大震災チャリティーイベント」
 東日本大震災のチャリティーイベントに芸能プロダクション・サンミュージックのタレント総勢129名が集結。西郷さんは、イベント時に制作された色紙に「朝の来ない夜はない陽が登らぬ空はない」と綴った。

西郷輝彦

西郷輝彦さんは『星のフラメンコ』を披露

●2013年「日本クラウン創立50周年記念コンサート」
 老舗レコード会社日本クラウン所属の北島三郎をはじめ、歌手35人が創立50周年を祝った。西郷さんは代表曲である『星のフラメンコ』を熱唱した。

西郷輝彦

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』制作発表イベントでの西郷輝彦さん

●2019年ドラマ『ノーサイド・ゲーム』制作発表イベント
 大泉洋が務めた主人公・君嶋隼人が勤務するトキワ自動車の社長役を演じた。TBS日曜劇場出演は、約24年ぶりのことだった。

写真/女性セブン写真部

※女性セブン2022年3月17日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン