ライフ

ペットのけが、起きやすいのは「台所」 タクシーでの病院搬送ならシーツを持参

(写真/GettyImages)

大切なペットを守るには?(写真/GettyImages)

 長引く自粛生活で在宅時間が長くなる中、癒しの存在として、ペットを飼い始める人が増えているというが、愛するペットを守るのは飼い主の役割。日常生活の中にも気をつけなければならない場面も多い。たとえば、家の中で最もペットのけがや事故が起きやすい場所は“台所”だという。日本国際動物救命救急協会代表理事のサニーカミヤさんはこう話す。

「床に落ちた玉ねぎを食べて中毒症状を起こしたり、揚げ油が目に入り眼球にやけどを負った子も。また、飼い主が食材を切っているときに携帯電話に手を伸ばし、まな板と包丁を落として、下にいたペットに大けがをさせた事故もありました」

 さらに、飼い主の足元にいたために、誤って踏まれてけがをした犬もいる。

「飼い主は鍋を持っていて足元が見えず、犬の背中を踏んでしまったのです。その子は歩けなくなりました」(サニーカミヤさん)

 台所は包丁や火、中毒を起こす食材など危険物が多い。さらに、飼い主も料理に気を取られ、ペットに注意がいかない場合も。このような事故をなくすためにも、台所の入り口にペットゲートなどの柵を置いて、台所に入れないようにしておきたい。

タクシーの利用時はペットシーツ

 救命処置を施しながら、動物病院へ搬送するわけだが、その手段として、自家用車やタクシーなどがある。自家用車の場合、搬送中も処置を継続する必要があるため、1人が運転し、もう1人は処置ができるよう2人体制が望ましい。1人の場合は、タクシーを利用するのがおすすめだ。

「ほとんどのタクシーはペットの同乗を受け入れてくれますが、場合によっては乗車を断られることもあるので、普段からペットを乗せてくれるタクシー会社を少なくとも2社ほど利用しておき、連絡先をスマホなどに登録しておくことが大切です」

 さらに、タクシーを利用する際は、座席にペットの毛や血液、吐しゃ物などが付着する可能性があるので、ペットシーツを敷いてから乗車するなどの配慮も忘れないこと。

「万が一のとき、どの方法で動物病院まで搬送するか、あらかじめ計画しておくことが大切です。特に大型犬の場合、体が大きくて、タクシーに乗車できない可能性もあるので、家族や知人の協力が必要になるケースもあります。そういった依頼も日頃からしておくと安心です」

取材・文/鳥居優美

※女性セブン2022年3月17日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン